ログ速トップ
1 : 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん[sagete] 投稿日:2020/01/19(日) 21:48:39 ID:CAP_USER.net [1/1回]
【ネピドー=杉目真吾、北京=中川孝之】イスラム系住民ロヒンギャ迫害を巡って孤立するミャンマーに対し、中国が関係強化へ働きかけを強めている。ミャンマーを訪問した習近平シージンピン国家主席は18日、首都ネピドーでアウン・サン・スー・チー国家顧問と会談し、中国の巨大経済圏構想「一帯一路」に基づく30項目以上の経済協力で合意した。

 ■数十億ドル規模

 中国の国家主席がミャンマーを訪れるのは2001年の江沢民ジアンズォーミン氏以来19年ぶりだ。習氏は会談で、一帯一路の一環で進める「中国ミャンマー経済回廊」開発を中心に、道路や鉄道、電力網などの建設を加速させ、「ミャンマー民衆の満足感を高めたい」と語った。


 スー・チー氏も一帯一路に積極的に参加する姿勢を示し、「開発計画を全力で実施したい」と応じた。

 両国が今回交わした合意は、鉄道整備や資源開発など33項目に及ぶ。国境地域での交流拡大も含まれ、ミャンマー政府によれば、中国からの投資額は「数十億ドル規模」に達する見通しだ。

 合意には、ミャンマーが債務膨張を懸念し、18年に一部事業を縮小した西部ラカイン州チャウピューの深海港と経済特区開発の推進も盛り込まれた。インド洋への玄関口として同事業を重視する中国に強い配慮を示した格好だ。

 ■人権状況は不問

 経済発展に欠かせないインフラ(社会基盤)が脆弱ぜいじゃくなミャンマーにとって、ロヒンギャ問題で欧米からの投資が停滞し、経済制裁も取りざたされる中、中国の巨大マネーは不可欠な存在になりつつある。一帯一路が対象国の政治体制や人権状況を問わないことが、ミャンマーを引きつける。

 スー・チー氏は会談で、圧力を強める欧米を念頭に「人権や民族、宗教を口実に荒々しく他国の内政に干渉する国があるが、ミャンマーは決して圧力や干渉を受け入れない。中国には中小規模国家のために公平さを保ち、ミャンマーの国内和平に積極的な役割を果たしてほしい」と語った。

 習氏は「中国は他国の内政に干渉せず、ミャンマーが国家の尊厳と正当な権益を守ることを支持する」とロヒンギャ問題の自力解決にこだわるミャンマー政府への支持を鮮明にした。

 習氏は国軍トップのミン・アウン・フライン司令官とも会談し、軍事協力の強化で合意した。司令官はロヒンギャ迫害に関わったとして、米国務省が昨年制裁対象とした人物だ。

 ■警戒論も

 ミャンマー国内には、過度な中国依存を警戒する声もある。政治アナリストのヤン・チョウ氏は「国際社会に追い詰められているのはミャンマーではなくNLD(国民民主連盟)政権だ。目先の利益にとらわれて中国依存を強めれば、危険な橋を渡ることになりかねない」と指摘した。

https://www.yomiuri.co.jp/world/20200119-OYT1T50029/
讀賣新聞 2020/01/19 15:12

関連
【中国・習近平国家主席】ミャンマー重視 19年ぶり訪問、経済協力確認 スー・チー氏「偉大な隣国を持つことは誇り」[1/18]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1579347666/
2 : ログ速名無し[] 投稿日:2020/02/25 23:19:23
このスレッドを表示するにはこちらで閲覧できます => http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1579438119/l50


おすすめスレッド

PR

みんなが見ているスレッド

PR

東アジアnews+板での新着

ニュース全般の新着

スポンサードリンク