ログ速トップ
1 : 鴉 ★[sage] 投稿日:2020/05/26(火) 00:01:27 ID:CAP_USER.net [1/1回]
もう日本は眼中にない…対コロナ勝利で韓国の「先進国意識」が確立?
5/25(月) 6:01配信

前略)

●もう日本は眼中にない

 90年代以前、自らの発展の1つのモデルとして日本を強く意識した韓国の姿は既にない。

 事実、冒頭で一部を引用した就任3周年の記念演説でも文在寅は――その間に元徴用工問題や輸出管理問題を巡って激しい対立があったにも関わらず――日本について何も触れていない。

 そこで明らかなのは、文在寅が言う「われわれが見習いたかった国々」そして「われわれを見習い始めた国」が日本ではない、ということだ。

 何故なら皮肉なことに、韓国では日本は依然として新型コロナウイルス対策における韓国の成功を認めず、独自の道を歩み続けている国だと考えられているからである。

 ここにおいて彼らが意識しているのは、新型コロナウイルスの直撃を受け、大きな被害を出した欧州諸国であり、また同盟国であるアメリカである。そして彼らが韓国の対応を評価しつつあることに、彼らは自らが「先進国となった」ことに対する自信を深めている。

 もちろん、韓国の新型コロナウイルスを巡る状況は今後も予断を許さない。世界経済の低迷が、輸出に大きく依存するこの国の経済に影響を与える事も不可避である。

 しかし、重要なのはこの様な文在寅政権の自信に満ちた姿勢が単に新型コロナウイルス対策に成功した事による一過性のものではなく、韓国人が着実に自らの国際的評価に対して自信をつけつつある事の結果でもある、という事である。

 背景には彼らの成長があり、それに裏付けられまでの経験が存在する。2010年と2020年の彼等自身の自己評価の変化はその結果であり、だからこそ今後、それが大きく逆戻りする事は考えにくい。

●徴用工も輸出管理も過去になった

 そしてその中では彼らの日本への対応は変わって来る。彼らにとっては今の日本は、「自らと同じ先進国の1つ」にしか過ぎない。文在寅の就任3周年の演説が示したように、だからこそその中では日本はもはや特別な地位を与えられていない。だから彼らは我々に特段の関心も、そして配慮も払おうとしない。

 「ポストコロナ」の状況下、元徴用工問題や輸出管理規制問題は「過去」となり、多くの人々はこれらの問題への関心を失いつつある。日本との間に存在する問題は、所詮、彼らの生活に直結する問題ではないからだ。こうして韓国社会の中で、日韓関係を巡る問題は看過され、未解決のまま持ち越されていく事になる。

 だからこそ、我々もまた彼らへの対応を変えなければならない。日本を意識し、日本を追い越そうと努力した韓国は最早どこにもいない。だからこそ彼らが日韓関係を改善する為に進んで何かしらの譲歩を行うだろうと期待するのは、これからますます難しくなってくる。

 「ポストコロナ」の時代は、この北東アジアに更に「水平的な国際関係」を齎していくのかも知れない。

木村 幹(神戸大学大学院教授)
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200525-00072759-gendaibiz-kr&p=5


●参考
【話題】神戸大・木村幹「日本人はどうしても息子(韓国)は下であってほしいという感覚がある。残念ながら韓国は“子ども”ではない」
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1590127134/


写真:木村幹
https://cdn.mainichi.jp/vol1/2018/03/07/20180307ddm001010020000p/9.jpg
2 : ログ速名無し[] 投稿日:2020/07/09 10:14:34
このスレッドを表示するにはこちらで閲覧できます => http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1590418887/l50

終了したスレッドです

おすすめスレッド

PR

みんなが見ているスレッド

PR

東アジアnews+板での新着

ニュース全般の新着

スポンサードリンク