ログ速トップ
1 : 右大臣・大ちゃん之弼 ★ [sagete] 投稿日:2020/10/20(火) 07:14:53.27 ID:CAP_USER.net [1/1回]
 【ハノイ時事】菅義偉首相は就任後初の外国訪問先にベトナムを選んだ。東・南シナ海で軍事活動を活発化させる中国に連携して対抗する狙いがある。日本として先の米国、オーストラリア、インドとの4カ国外相会合に続き、「自由で開かれたインド太平洋」構想をアピールした形だ。
 「南シナ海の緊張を高めるいかなる行為にも強く反対する」。首相は19日、ハノイ・日越大学でのスピーチで、中国への名指しを避けつつこう訴えた。ベトナムが南シナ海で中国と領有権問題を抱えることを意識した発言だ。
 今回の日越首脳会談では、ベトナムへの防衛装備品・技術移転協定で実質合意した。歴史的に中国と対峙(たいじ)してきたベトナムへの日本の期待は大きく、首相は安全保障協力を強化する。
 もっとも、経済的結び付きから東南アジア諸国連合(ASEAN)に対する中国の影響力は絶大だ。王毅国務委員兼外相は先に、訪問先のマレーシアで、日米豪印を「インド太平洋版の北大西洋条約機構(NATO)」になぞらえ批判。「対中包囲網」への参加を強くけん制した。
 米中対立が深まる中、大統領選後の米国の対中政策や、菅政権に対する中国側の出方を見極めたいとの思惑から、首相は明確な対中観を打ち出さずにきた。一方、沖縄県・尖閣諸島沖で中国公船が過去最長の57時間超にわたり領海侵入を続けるなど、政府内には「中国は変わらない」(高官)と失望も広がる。
 日中両政府は来月以降に王毅氏の来日を調整しているが、中国が望む習近平国家主席の国賓訪日の見通しは立っていない。安倍政権に続き、菅政権でも米豪印やASEANとの協調が引き続き外交の基軸になるとみられる。

時事ドットコム 2020年10月20日07時04分
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020101900808&g=pol

https://i.imgur.com/bKZhybq.jpg
共同記者発表をする菅義偉首相(左)とベトナムのグエン・スアン・フック首相=19日午前、ハノイの首相府
2 : ログ速名無し[] 投稿日:2020/12/05 00:06:54
このスレッドを表示するにはこちらで閲覧できます => http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1603145693/l50


おすすめスレッド

PR

みんなが見ているスレッド

PR

東アジアnews+板での新着

ニュース全般の新着

スポンサードリンク