ログ速トップ
1 : 動物園φ ★[] 投稿日:2020/10/29(木) 22:15:38.54 ID:CAP_USER.net [1/1回]
「終わるまで終わりじゃない」

WTO(世界貿易機関)事務局長の選出構図は、伝説的な野球選手ヨギ・ベラの明言ように流れている。ユミョンフイ産業通商資源部通商交渉本部長が、ナイジェリアのオコンジョイウェアラ世界銀行専務に大きく後れを取っているが、か細い終盤の逆転の可能性が存在する。

状況は容易ではない。有本部長が選出されるまで「途方もないレベル」の反転がなければならない。有本部長に対する米国の全面的な支援が最後の変数である。中略

■大逆転劇可能か

コンセンサスの過程で米国が先頭に立って説得に乗り出す場合、大逆転劇が可能だろうか。「100 60」という構図を見たときに非常に困難なプロセスが予想される。中略

米国と手を握って雰囲気の反転がもたらされると、WTO事務総長の任期を有本部長とオコンジョイウェアラ専務が半分ずつ分けて実行する方向へ向かって結論が出ることもある。ただし、11月3日に予定された大統領選挙後も米国が同じ基調を維持するかどうかがカギだ。

有本部長のWTO事務局長登板が挫折されても、「しかしよく戦った」に近いという評価だ。そもそも国際的認知度が不足していたユ本部長が「ファイナル5」を経て決選まで進出すると予想していた人が少なかったからである。有本部長が最終ラウンドまで進出することができたのも韓国外交の高まった地位のおかげという分析が出てくる中である。

ムン・ジェイン大統領は先月、14カ国の首脳と電話をして有本部長の支持を訴えた。カン・ギョンファ外交部長官は、50カ国の外相と電話した。チェ・ジョンゴン外交部第1次官は28日午前にもスティーブン・ビーガン米国務副長官と電話通話をし、WTO事務総長選出に関連したサポート協議を行った。

https://translate.googleusercontent.com/translate_c?depth=1&hl=ja&pto=aue&rurl=translate.google.co.jp&sl=auto&sp=nmt4&tl=ja&u=https://news.naver.com/main/read.nhn%3Fmode%3DLSD%26mid%3Dshm%26sid1%3D104%26oid%3D008%26aid%3D0004491608&usg=ALkJrhjz53MpIW5is7Dzy1IWfS5XwTyZhA

共感4
非共感68
2 : ログ速名無し[] 投稿日:2020/11/27 23:28:36
このスレッドを表示するにはこちらで閲覧できます => http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1603977338/l50


おすすめスレッド

PR

みんなが見ているスレッド

PR

東アジアnews+板での新着

ニュース全般の新着

スポンサードリンク