ログ速トップ
1 : SQNY ★[] 投稿日:2019/12/15(日) 06:03:23 ID:CAP_USER.net [1/1回]
・Толерантность Запада дошла до абсурда - Большой театр обвинили в расизме

ボリショイバレエが人種差別表現で避難されている。アメリカのプリマはバレエ団員がバヤデルカ(インドを舞台とした)のリハーサルの際に顔を茶色く塗る化粧をした事に怒りをあらわにした。

白人が顔を黒や茶色に塗る事は、ブラックフェイスと呼ばれ、現在では人種差別表現とされている。

何度も変わらず上演されてきたクラシックバレエのバヤデルカは突然、世界から人種差別的なものとして見られるようになった。

これはインスタグラムで、アフリカ系黒人で初のアメリカの上級バレエダンサーとなったミスティ・コープランドがリポストした投稿が炎上したものだ。

「これは受け入れられない事です。時代は2019年だというのにこんな事があっていいものでしょうか。言語道断な事ですが、世界の人種差別にはもう驚きません。」
(顔は黒く塗られ、足は茶色いタイツを履いている。)
https://www.instagram.com/p/B5zGh5cjbmI

現在、米国での夏のツアーの準備をしているボリショイ劇場にとって、こういった批判的な反応は、1世紀以上の歴史の中で初めてであるため、驚きとなった。

ボリショイバレエ団によるバヤデルカはすでにロシアやロシア国外で何千回と上演されているという。

彼女のインスタグラム上では「人種差別」についての激しい議論があったようだ。

(画像)
https://cdn-st1.rtr-vesti.ru/p/xw_1749924.jpg

14 декабря 201901 Вести
https://www.vesti.ru/doc.html?id=3220434&3220434
2 : ログ速名無し[] 投稿日:2020/01/23 16:27:39
このスレッドを表示するにはこちらで閲覧できます => http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/news5plus/1576357403/l50


おすすめスレッド

PR

みんなが見ているスレッド

PR

ニュース国際+板での新着

ニュース全般の新着

スポンサードリンク