ログ速トップ
1 : ばーど ★[sage] 投稿日:2019/02/19(火) 09:08:44.83 ID:bbX37L/19.net [1/1回]
大規模な施工不良問題が尾を引く賃貸アパート大手のレオパレス21で、同社ブランドの物件が、不動産投資サイトで、「格安物件」として次々と売りに出されていることが分かった。専門家は「オーナーが投げ売りしているのではないか」と指摘する。

 不動産投資物件検索サイトで、「レオパレス」とフリーワード検索すると50件以上の関連物件がヒットする。うち10件以上は、同社が1324棟の物件で壁や天井などに施工不良が見つかったと記者会見した今月7日以降、新たに掲載された物件だ。

 築年数10年程度の2階建て、部屋数6の物件には、販売価格が5000万円台半ば。入居率100%と想定し、物件購入価格から年間収入を割った利回りは、6%台となっている。

 築12年程度の2階建て、部屋数16の物件は、販売価格1億円弱で、利回りは7%台。築年数30年程度の2階建て、部屋数20の物件には2億円弱の値が付けられている。利回りは2%台だ。

 利回りにばらつきはあるが、総じて7%程度のものが多いようだ。

 住宅ジャーナリストの榊淳司氏は「レオパレスの基本的なビジネスモデルは、土地所有者の使っていない土地にアパートやマンションの建設を勧めるというもの。そのため物件が都市部から離れた場所にあることも多い」と解説。「サイトに掲載されている『利回り』とは表面利回りのことを指すことが多く、うち2%くらいは経費で差し引かれる。普通の物件であれば6%くらいは欲しいところだ。今のレオパレスなら10%はないと買い手はつきにくいだろう」と話す。

 レオパレスをめぐっては、17年に「30年一括借り上げ保証」などとうたうサブリース契約で損失が出たとしてオーナーが集団訴訟を起こし、係争中だ。昨年5月には賃貸アパート206棟で、住戸間を仕切る屋根裏に施工不備があったと発表、そして今回、施工不良問題が拡大した。

 前出の榊氏は「次にどのような問題が出てくるか分からないため、不動産売却のタイミングとしは最悪だが、それでも売りに出すということは、オーナーがこれ以上は所有したくないと投げ売りしている状態なのだろう」と推測する。

 買い手はつくのか。

2019.2.19 夕刊フジ
https://www.zakzak.co.jp/soc/news/190219/soc1902190004-n1.html
https://www.zakzak.co.jp/images/news/190219/soc1902190004-p1.jpg
2 : ログ速名無し[] 投稿日:2020/01/27 09:41:14
このスレッドを表示するにはこちらで閲覧できます => http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1550534924/l50


おすすめスレッド

PR

みんなが見ているスレッド

PR

ニュース速報+板での新着

ニュース全般の新着

スポンサードリンク