ログ速トップ
1 : しじみ ★[sage] 投稿日:2019/10/18(金) 03:29:16.41 ID:gSmpzdxv9.net [1/1回]
月面探査計画「アルテミス」による2024年の有人月面探査再開を目指して「オリオン」宇宙船や大型ロケット「SLS(Space Launch System)」の開発を進めているNASAは10月16日、アルテミス計画で使用される2種類の宇宙服を公開しました。

https://sorae.info/wp-content/uploads/2019/10/48905769176_5ce7dd9f00_k.jpg
https://sorae.info/wp-content/uploads/2019/10/48905980762_5a2d0e6847_k.jpg

■月面での活動に使用される「xEMU」

公開された宇宙服のうち1つは、月面に降り立った宇宙飛行士が屋外で活動をするときに着用する「xEMU(Exploration Extravehicular Mobility Unit)」です。

xEMUはアポロ計画で使用された宇宙服や、国際宇宙ステーション(ISS)で現在使用されている宇宙服をもとに開発されました。ほぼ白一色だったアポロ計画当時の宇宙服とは違い、xEMUでは白だけでなく青や赤も配色されているのが印象的です。

■オリオン船内で着用される通称「オリオンスーツ」
https://sorae.info/wp-content/uploads/2019/10/48905248553_858351575d_k.jpg

もう1つは、オリオン宇宙船の船内で着用される「OCSS(Orion Crew Survival System)」。NASAのプレスリリースでは「Orion suit(オリオンスーツ)」とも呼ばれています。

オリオンスーツは打ち上げ時や大気圏再突入時、宇宙ステーション「月軌道プラットフォームゲートウェイ(LOP-G)」に接近・離脱する時や緊急事態が発生した時など、ミッションのなかでもリスクの高い局面で着用されます。

鮮やかなオレンジ色はスペースシャトルで使用されていたスーツを想起させますが、実際にオリオンスーツはシャトルミッションのスーツをもとに改良が加えられており、腕や脚などの可動範囲が改善されていたり、ヘルメットの耐久性や機能が強化されたりしています。

また、シャトルミッションのスーツは既製品からサイズが合うものを選んで着用していましたが、オリオンスーツは宇宙飛行士ひとりひとりに合わせたオーダーメイドとなります。

宇宙服のデザインが固まったことでよりイメージしやすくなったNASAのアルテミス計画。来年2020年には、無人で行われるオリオン宇宙船の実地テスト「アルテミス1」ミッションが予定されています。
https://sorae.info/wp-content/uploads/2019/10/48905773692_0b981d9b02_k.jpg

https://sorae.info/space/20191016-nasa.html
2 : ログ速名無し[] 投稿日:2020/04/02 13:23:05
このスレッドを表示するにはこちらで閲覧できます => http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1571336956/l50


おすすめスレッド

PR

みんなが見ているスレッド

PR

スポンサードリンク