ログ速トップ
1 : 首都圏の虎 ★[] 投稿日:2019/12/09(月) 22:22:26.86 ID:+pE0yRkn9.net [1/1回]
東京が今後も発展していくためには、強みを伸ばし、弱点を克服することが重要です。国際競争においてロンドン・NYと並ぶ総合力を持つ東京ですが、分野別の指標を見ていくと様々な強み・弱みが混在していることが分かります。東京の弱点のなかでも特にトップ2都市に差をつけられている分野が「文化・交流」です。※本連載は、『新・東京進化論』(幻冬舎MC)の一部を抜粋したものです。

観光立国化を推進し、国際交流を誘致する仕組みを確立

東京が世界トップ2のロンドン、ニューヨークに対抗し、アジアエリアで絶対的優位を保つには、東京の弱みを克服し、強さに変えなければなりません。前回(『 アジアNo.1都市から陥落も…いま「東京」に必要なことは? 』)では、「経済」と「研究・開発」の観点から、東京に必要なことを見てきました。今回は、「文化・交流」と「居住」の観点から、東京の総合力を高めるための施策について見ていきましょう。

●文化・交流

「文化・交流」は、トップ2都市に最も水をあけられている分野でもあるので(図表1)、少し詳しく見ていきたいと思います。

GPCIの文化・交流分野の16指標の中で、アジアにおける東京の弱さが目立つのは次の5指標になります。

図表2は、過去5年間の「国際コンベンション開催件数」を表した棒グラフです。トップ4都市で見ると、東京はパリに次いで開催件数が多く、特に問題はありません。全体で6位ですが、アジア主要都市と比較すると、シンガポール、ソウルに次いで3位で、しかも上位2都市に圧倒的な大差をつけられています。

シンガポールには、3棟の超高層ビルの屋上を船で連結したような、有名な総合リゾートホテル「マリーナ・ベイ・サンズ」があります。ここは世界最大級のカジノをはじめ、12万㎡のコンベンションセンター、7万㎡を超えるショッピングモール、2500を超える客室、著名なシェフのレストラン、美術館、シアター、世界一標高の高いプールなど、MICE誘致に最強の武器を備えています。

MICEとは、Meeting(会議・研修)、Incentive(招待旅行)、Convention(学会・国際会議)、Exhibition/Event(展示会・見本市)を表す略語で、家族を含め一度に数百~数万人が動くビジネスイベントを指します。シンガポールは、こうしたMICEを数多く受け入れているため、このスコアがダントツの1位なのです。

一方、東京近郊でMICEに活用している施設といえば、東京ビッグサイト(建築面積約18.5万㎡)、幕張メッセ(建築面積約7.5万㎡)、東京国際フォーラム(建築面積約2万㎡)、パシフィコ横浜(建築面積約2万㎡)くらい。いずれも宿泊機能やアミューズメント機能がないため、近隣の他施設との併用になりますが、それにしても、東京ビッグサイト以外は施設の規模として十分とはいえません。アジアで存在感を示すためにも、そろそろ東京に、本格的なMICE施設を用意する必要がありそうです。

図表3は、ここ2年間の「世界的な文化イベント開催件数」を表したグラフになります。トップ4都市では、東京はロンドンに次いで2位。アジアでも北京に次いで2位でした。


12/8(日) 8:00配信
続きはこちらで↓
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191208-00024113-gonline-bus_all&p=1
2 : ログ速名無し[] 投稿日:2020/01/30 02:14:31
このスレッドを表示するにはこちらで閲覧できます => http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1575897746/l50


おすすめスレッド

PR

みんなが見ているスレッド

PR

ニュース速報+板での新着

ニュース全般の新着

スポンサードリンク