ログ速トップ
1 : 猪木いっぱい ★[幻の右=Egg] 投稿日:2020/04/06(月) 04:40:49 ID:EJz7tJIl9.net [1/1回]
新型コロナウイルス感染症の拡大で衛生備品の不足が続く中、会津若松市東山地区の住民でつくる「東山・人と地域をつなぐ会」は、同地区のふれあいの家などで紙製マスク作りに励んでいる。手作りのマスクは東山小などに贈られ、感染予防などに役立てられるという。

 3日は約10人が、ガラス戸を開け放ち換気を十分にした部屋で作業した。参加者は切りそろえたキッチンペーパーを折って形を整え、耳に掛けるひも代わりに、輪切りにしたストッキングを取り付けてマスクを完成させた。「手洗い・うがいを忘れずに」「みんなで乗り切ろう」といったメッセージを添えて、1枚ずつビニール袋に包んだ。

 マスク作りは3月下旬から続けている。感染症の影響で、地区のイベントが軒並み中止になる中「何か役立つことができないか」と有志が集まって始めた。すでに500枚程度が完成しており、東山小のほか地域の公民館、診療所などに配布された。

 参加した女性(80)は「地域のためにお手伝いができると思うとうれしい」と声を弾ませた。同会の会長(85)は「熱心に取り組んでもらっている。ありがたい」と感謝した。

https://www.minyu-net.com/news/news/FM20200405-475369.php
2 : ログ速名無し[] 投稿日:2020/05/26 05:14:38
このスレッドを表示するにはこちらで閲覧できます => http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1586115649/l50


おすすめスレッド

PR

みんなが見ているスレッド

PR

ニュース速報+板での新着

ニュース全般の新着

スポンサードリンク