ログ速トップ
1 : ブギー ★[] 投稿日:2020/08/11(火) 06:17:43 ID:K1h6neKa9.net [1/1回]
新型コロナで各地の海水浴場が開かれない中、熱海の海では、ある異変が起きていた。

10日は、3連休最終日。

2019年は、多くの海水浴客でにぎわっていたが、2020年は、新型コロナの影響で海開きをしていないため、上空から見てみると、その違いは歴然。

では、普段この時期にいるはずの海水浴客は、どこに行ったのか。

取材班は、7月に海開きをした静岡・熱海市のビーチへ。

すると、砂浜を覆い尽くす、人、人、人。

ビーチの端から端まで、夏を満喫する人々であふれていた。

この混雑ぶりの原因にも、コロナの影響が。

海水浴客に話を聞くと...。

栃木から来た海水浴客「茨城とか千葉が遊泳禁止になってたんで。海来たかった。1回くらいいいかなって」

東京から来た海水浴客「東京、神奈川の方は、海水浴場やってないですからね。夏休みの中で1泊くらい遊びに行かないと、子どもたちもかわいそうかなと思って」

駐車場に止まっている車を見てみると、静岡県外のナンバーが多く見受けられた。

密状態が心配になるほどの人出だが、対策もとられていた。

入場ゲート担当者「こちらのカメラで検知していて、ゲートで人の出入りをカウントしている。ビーチにいる人数が3,000人を超えたら、入場制限がかかるというものになっている」

熱海サンビーチでは、AIカメラで入場者の人数を管理。

人が多くなってくると、バリケードで入り口を封鎖するなどの対応をしている。

こうした状況に、地元の方は複雑な様子。

土産物店店員「熱海は、海も開放して花火もやって、確かにたくさんお客さん見えるけど。来てもらいたいのもあり、怖さもあり」

一方、地元の新鮮な味をたっぷりと堪能することができる、民宿いなほ。

地元でとれた新鮮な魚の刺し身の盛り合わせが目玉。

感染拡大で一時休業するなど、経営に大きな打撃を受けた。

なんとか復活した今、海を求める観光客に期待を寄せている。

民宿いなほ・稲穂真之代表「海開きしてから、やはりお客さまの足がこちらの方に向いていただいて、お泊まりの方もやっているランチの方も、お客さんの入りはよかった」

特別なお盆休み。

感染拡大が続く中、全力でおもてなしを続ける日々。

民宿いなほ・稲穂代表「関東から来られる、東京から来られようが、うちは、従業員もみんなで(感染対策に)気をつかいながらやっています。難しいところですけど、できるかぎりで、(客を)お待ちしております」

観光で成り立つ地元の経済を、感染対策をしながらどう守っていくのか。

https://www.fnn.jp/articles/-/72436
2 : ログ速名無し[] 投稿日:2020/09/26 01:51:37
このスレッドを表示するにはこちらで閲覧できます => http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1597094263/l50


おすすめスレッド

PR

みんなが見ているスレッド

PR

ニュース速報+板での新着

ニュース全般の新着

スポンサードリンク