ログ速トップ
1 : 靄々 ★[] 投稿日:2020/11/26(木) 00:20:08.72 ID:Xb8hB7k49.net [1/1回]
地方議員の出席停止「裁判の対象になる」 最高裁が60年ぶり判例変更

 地方議会が議員に科した出席停止処分の適否は裁判の対象となるかどうかが争われた訴訟の上告審判決で、最高裁大法廷(裁判長・大谷直人長官)は25日、「対象になる」との初判断を示し、1960年の最高裁判例を60年ぶりに変更した。大法廷は「住民の負託を受けた地方議員としての責務を十分に果たすことができなくなるような処分の適否は、司法審査の対象となる」と理由を述べた。裁判官15人全員一致の意見。

 訴訟では、宮城県岩沼市議だった大友健さん(71)が現職だった2016年に、議会から受けた23日間の出席停止処分の適否が争われた。1審・仙台地裁判決(18年3月)は判例に沿って裁判の対象にならないとして原告敗訴としたものの、2審・仙台高裁判決(同8月)は審理を差し戻し、市側が上告した。

 大法廷は、地方議会による議員に対する懲罰は、議会の秩序保持や円滑な運営を目的としていると指摘。こうした地方議会の自律的な権能は尊重されるべきだと述べた。


※以下略、全文はソースからご覧ください。

地方議会が議員に科した出席停止処分の適否が裁判の対象になるかどうかが争われた訴訟の上告審判決後、支援者らにガッツポーズを見せる原告の大友健・元岩沼市議(右)=東京都千代田区の最高裁前で2020年11月25日午後3時23分、佐々木順一撮影
https://cdn.mainichi.jp/vol1/2020/11/25/20201125k0000m040443000p/0c8.jpg

https://mainichi.jp/articles/20201125/k00/00m/040/407000c
毎日新聞2020年11月25日 21時57分(最終更新 11月25日 21時57分)
2 : ログ速名無し[] 投稿日:2021/01/26 15:37:31
このスレッドを表示するにはこちらで閲覧できます => http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1606317608/l50


おすすめスレッド

PR

みんなが見ているスレッド

PR

ニュース速報+板での新着

ニュース全般の新着

スポンサードリンク