ログ速トップ
1 : 蚤の市 ★[sage] 投稿日:2020/11/30(月) 21:29:41.73 ID:77szQahR9.net [1/1回]
 経営が悪化している全日本空輸(ANA)と日本航空(JAL)の航空大手2社は30日、冬のボーナスの大幅削減で労働組合と合意した。ANAはゼロ、JALは前年から約8割減(月額給与の0・5か月分)となる。新型コロナウイルスの感染拡大で旅客数が激減しており、労組側は雇用維持を条件にボーナスの大幅減を受け入れた。

 ANAが冬のボーナスを支給しないのは、記録が残る1962年以降では初めて。JALは、既に夏のボーナスを半減させており、夏、冬両方のボーナスを減額するのは、経営破綻した2010年以来となる。

 ANAの経営側は、夏と冬のボーナス削減に加え、月額給与も減額して社員の平均年収を3割以上減らす案を労組に示していた。夏のボーナスは半減で合意していたが、月給の削減については、継続して協議する。

 ANAでは、成田、羽田の両空港に所属する客室乗務員(CA)約8000人に対し、勤務日数を5割削減する代わりに、地方移住を許可する方針も労組に伝えている。これについても、労使で協議を続ける。

 2021年3月期連結決算の最終利益は、ANAを傘下に持つANAホールディングス(HD)が5100億円の赤字、JALが最大2700億円の赤字を見込んでいる。航空会社は固定費の負担が重いため、社員の外部企業への出向を進めるなどし、雇用を維持しながら人件費の削減を急いでいる。

読売新聞 2020/11/30 21:03
https://www.yomiuri.co.jp/economy/20201130-OYT1T50201/?r=1
2 : ログ速名無し[] 投稿日:2021/01/28 10:47:59
このスレッドを表示するにはこちらで閲覧できます => http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1606739381/l50


おすすめスレッド

PR

みんなが見ているスレッド

PR

ニュース速報+板での新着

ニュース全般の新着

スポンサードリンク