ログ速トップ
1 : 朝一から閉店までφ ★[sage] 投稿日:2020/12/05(土) 14:36:13.24 ID:bP1homkM9.net [1/1回]
時計 2020/12/05 10:30

 「ヤンバルトサカヤスデに悩んでいる」-。11月中旬から南日本新聞社に投稿が相次いでいる。南薩、鹿児島市、大隅半島まで地域も広い。県内全体の状況把握は難しいが、鹿児島市が2020年度に配った駆除薬剤は1万2246袋(11月25日現在)と、昨年度1年間の9708袋を大幅に超えた。台湾原産の不快害虫は沖縄や宮崎、高知など9都県で確認されているが、鹿児島が最も深刻なようだ。

 南さつま市加世田津貫の久木野地区では10月にヤンバルトサカヤスデの発生を確認した。昨年から大量発生するようになり、今年はさらに増えた。

 大半の世帯が夕方、家屋の周囲に薬剤を散布。翌朝は薬剤に沿って大量の死骸が並ぶ。有馬サダさん(87)は毎日午前、死骸を掃き集める。「いたちごっこだ」と嘆く。

 薬剤のほか、表面のツルツルした養生テープを家に貼るなど、屋内に入らない対策をしても、一部は侵入してしまう。有馬美代子さん(73)はすぐ捕獲できるように空き瓶と割り箸を手元に置いておく。「ヤスデに振り回されている。何とかしてほしい」と訴えた。

 03年に吉田地域で初めて確認された鹿児島市は年々地域が拡大。喜入や吉田など郊外だけでなく、原良や宇宿など市街地にも現れる。市環境衛生課は「昨年も多かったが、今年はさらに多い。場所によっては異常と言っていい」と分析する。

■止まらぬ拡大
 ヤンバルトサカヤスデは1991(平成3)年に徳之島町で初めて異常発生し、99年に県本土で初確認。県廃棄物・リサイクル対策課によると、生息域は25市町村に拡大した。

 県はまん延防止策を冊子にまとめ、(1)環境整備(土手などの清掃)(2)侵入防止(養生テープやステンレス板を家の周囲に貼る。林地との間に移動防止柵設置)(3)薬剤散布-などを呼び掛ける。

 農作物や人の健康に直接の被害を与えないため、抜本的な対策を立てにくい側面もある。県市長会はここ数年「撲滅の取り組み推進」を県政に要望。環境省は2016年度から駆除対策の一部の交付税措置を制度化した。県はさらに温暖化対策の一環と位置づけ、生態の解明や駆除法の研究などを求める。

■地域で助け合い
     ===== 後略 =====
全文は下記URLで
https://373news.com/_news/?storyid=129536
2 : ログ速名無し[] 投稿日:2021/01/16 18:02:04
このスレッドを表示するにはこちらで閲覧できます => http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1607146573/l50


おすすめスレッド

PR

みんなが見ているスレッド

PR

ニュース速報+板での新着

ニュース全般の新着

スポンサードリンク