ログ速トップ
1 : 雷 ★[] 投稿日:2021/01/22(金) 13:53:27.39 ID:L8DEjrIR9.net [1/1回]
ヤマハがハイエンド無線LAN AP「WLX413」を発表、同社初のWi-Fi6対応製品
石井 一志2021年1月18日 13:48

 ヤマハ株式会社は18日、同社製品として初めてWi-Fi6に対応した無線LANアクセスポイント「WLX413」を発表した。従来製品を大きく上回る最大500台の端末を接続可能なほか、トライバンド対応などの特徴を持ち、ヤマハのラインアップではハイエンド製品に位置付けられる。

 価格は24万8000円(税別)で、3月の発売を予定する。なお、従来のハイエンド製品である「WLX402」も併売となる予定。

 WLX413は、最新の無線規格であるWi-Fi6(IEEE802.11ax)、4×4 MIMOに対応したアクセスポイント。単に高速通信を行えるだけでなく、1つの2.4GHz帯(IEEE 802.11b/g/n/ax、最大1147Mbps)と2つの5GHz帯(IEEE 802.11a/n/ac/ax、最大2402Mbps)の、合計3つの周波数帯(バンド)を同時に利用可能なトライバンド対応を実現している。また、そのスループットを十分に生かせるよう、有線LANのインターフェイスを10GBASE-Tや2.5G/5GBASE-Tにも対応させた。

 Wi-Fi6の高速通信や新技術であるOFDMA、4本の内蔵アンテナによるMU-MIMOにより、機器全体で最大500台(2.4GHz帯:100台、5GHz帯:200台×2)の同時接続に対応できる点が最大の特徴で、多数の端末を1台に収容したいといったニーズにも応えられる。

 加えて、すでにトライバンド対応していたミッドレンジモデル「WLX313」と同様、2つの5GHz帯を生かして、航空・気象レーダー波を検出した際も別の5GHz帯に切り替えて60秒間の通信切断を防ぎ、途切れのない通信を実現するFast DFS機能をサポートしている。

 管理機能としては、単独での管理のみならず、クラウド型ネットワーク管理サービス「YNO」に対応し、ネットワーク上にあるWLX413とローエンドモデル「WLX212」の設定や監視、ファームウェアアップグレード、接続端末の監視といった遠隔からの一括管理を実現した。製品には、最大1年間無償で使える「YNO」ライセンスが付属しており、2年目以降もライセンスを購入すれば継続して利用できる。

(略)
https://cloud.watch.impress.co.jp/docs/news/1300757.html

https://cloud.watch.impress.co.jp/img/clw/docs/1300/757/wlx413_l.jpg
2 : ログ速名無し[] 投稿日:2021/02/26 06:40:13
このスレッドを表示するにはこちらで閲覧できます => http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1611291207/l50


おすすめスレッド

PR

みんなが見ているスレッド

PR

ニュース速報+板での新着

ニュース全般の新着

スポンサードリンク