ログ速トップ
1 : 猪木いっぱい ★[] 投稿日:2021/01/23(土) 03:01:10.18 ID:898qmqkd9.net [1/1回]
スタンフォード大学の神経学者のチームによる画期的な研究は、加齢とともに免疫細胞が機能不全になり、癌から認知機能低下までのほとんどの加齢関連疾患で役割を果たす炎症性ハイパードライブにつながることを発見したと主張しています。

予備研究は、この免疫機能障害が逆転する可能性があることを示唆しており、将来の魅力的なアンチエイジング療法を示しています。

お前らが年をとるにつれて、免疫システムはゆっくりと機能不全になります。
免疫系が感染に反応するのが遅くなる可能性があることを意味するものもあれば、欠陥のある免疫細胞が健康な細胞を一貫して攻撃し始め、慢性的な軽度の炎症を引き起こすことを意味するものもあります。

一部の研究者は、この慢性炎症が多くの加齢性疾患、特に脳で主要な役割を果たしていると仮定しています。

新しい研究の具体的な焦点は、プロスタグランジンE2(PGE2)と呼ばれるホルモンでした。
この特定のホルモンのレベルは、加齢とともに上昇することが以前に発見されています。PGE2は免疫細胞の炎症活性を促進することも知られています。

中略

研究の最後の部分では、このPGE2-EP2メカニズムを阻害するとどうなるかを調査しました。
実験では、このメカニズムが破壊されたときに古いマクロファージ細胞が形質転換していることが明らかになりました。

炎症特性が消え、古い細胞が効果的に若返りました。

gooqle翻訳一部割愛全文はリンク先へ
https://newatlas.com/science/stanford-aging-cognitive-decline-immune-cell-inflammation/
https://assets.newatlas.com/dims4/default/528ed53/2147483647/strip/true/crop/2000x1333+0+1/resize/2400x1600!/format/webp/quality/90/?url=http%3A%2F%2Fnewatlas-brightspot.s3.amazonaws.com%2Fe8%2F59%2Fe0807c524a00a2cad005b01183e5%2Fdepositphotos-386237772-l-2015.jpg
2 : ログ速名無し[] 投稿日:2021/02/27 16:21:43
このスレッドを表示するにはこちらで閲覧できます => http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1611338470/l50


おすすめスレッド

PR

みんなが見ているスレッド

PR

ニュース速報+板での新着

ニュース全般の新着

スポンサードリンク