ログ速トップ
1 : 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です [] 投稿日:2020/09/19(土) 11:21:53.05 ID:7Gqja3qDa.net BE:399281837-2BP(1000) [1/1回]
http://img.5ch.net/ico/nida.gif
「矢野監督では苦しいですね」
 数十年来の阪神ファン、ひろさちや氏(宗教評論家)がこう嘆く。
 今季の阪神は残り45試合で首位巨人に10・5ゲームの大差をつけられ、優勝は絶望的。
直接対決は4勝12敗と大きく負け越し、これだけで8ゲーム差をつけられている。

 17日にはようやく、東京ドームで今季初勝利したが、巨人は坂本、岡本が2試合連続で欠場する飛車角落ちの布陣。
原監督には、とことんナメられたものだ。阪神ファンからすれば、これほど情けないことはない。

 在阪メディアによる評論では、「巨人野球との差」がことさらクローズアップされている。
16日付の日刊スポーツ(WEB版)では、阪神OBの中西清起氏が「巨人とは戦力差というより、組織力に差を感じたシーズンになった」と論じた。
組織力の差とはつまり、監督力の差である。
冒頭のひろさちや氏は、「矢野監督にはセオリーがない。15日の梅野のバスターエンドラン失敗しかり、作戦も起用も思い付きで、
こうあってほしいという願望が前面に出ていると感じざるを得ない。今季限りで解任するべきです」と、こう提言する。

「3番打者が決まらないとボヤいたり、不振のベテラン福留、糸井、能見にこだわり過ぎ。
能見は11日に二軍降格したが、仮に3人の給料が高いから一軍に置いているのだとしたら、監督は選手の給料を気にする必要など全くない。
勝つためにどうするかを最優先すべきでしょう」

では、後任としての適任はダレか。ひろさちや氏が続ける。
「とにかく選手の育成とチーム力の強化をしないといけない。金本、矢野と外様出身者が続いており、生え抜きOBがいいですね。
2000年代に原巨人と渡り合った岡田彰布元監督(62)、現場経験が豊富な平田勝男二軍監督(61)あたりに、
来年1年間で立て直してもらい、再来年に優勝に導いてほしい」

 岡田氏は04~08年まで5年間指揮を執り、優勝1回の他、Aクラス4回と実績は十分。
平田二軍監督は現役時代、遊撃の名手だったし、通算20年間の指導者経験がある。
リーグワーストの54失策とザル守備に悩むチームの立て直しには適任かもしれない。

 勝てないのはフロントにも原因があるが、阪神が優勝するためにはひとまず、現場の大改革が必要不可欠だ。 
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/278879
2 : ログ速名無し[] 投稿日:2020/11/24 07:51:29
このスレッドを表示するにはこちらで閲覧できます => http://maguro.2ch.sc/test/read.cgi/poverty/1600482113/l50


おすすめスレッド

PR

みんなが見ているスレッド

PR

ニュー速(嫌儲)板での新着

ニュース全般の新着

スポンサードリンク