ログ速トップ
1 : 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です [] 投稿日:2020/10/27(火) 07:19:45.06 ID:i4C8hpst0●.net BE:571598972-2BP(2000) [1/1回]
https://img.5ch.net/ico/nida.gif
【学術会議】ハンスト終了 「誰かが死んで抗議しなければならない事件だった」

26日14時28分、スガ首相の所信表明演説を聞き届けると、菅野完はハンストの終了を宣言した。

「スガはショボイ、勝手にやってろオマエら」。
菅野は吐き捨てるように言った。
569時間余りに及ぶ絶食抗議だった。

ハンストに突入したのは10月2日。
汗ばむこともあった頃だった。
今では冷たい風が体温を奪う。
夏の名残があった初秋から晩秋に季節が変わったのである。

体重は8㎏減った。顔は凹んで小さくなった。肌はヒカラビていてドス黒い。
ハンスト初期の頃、菅野は「当然死ぬつもりですよ」と話していた。それは最後まで変わらなかった。

菅野は19日夜から経口補水液を絶った。「経口補水液を飲んでいるとなかなか倒れないから」と説明した。

夜露を浴びながらの就寝は、あえて体力を削ぐためだった。
ハンスト終盤、夜だけホテルに帰ったのは、菅野を支援する仲間が疲労困憊していたからだ。

「死ねると思っていた」
「死にたいと思っていた」
「経口補水液を絶ったけど倒れないんだよ」
「死なせてくれないんだよ」。

悔しそうに言葉を搾り出す菅野の表情が忘れられない。

「首相が平気で法律を破る。誰かが死んで抗議しなければならない。それだけの事件なんだ」。
学術会議への人事介入に、菅野は腹の底から怒っていた。

「死ぬのがスガへの最高のあてつけ」と語っていた菅野は、反知性を骨の髄から憎んだ。
官邸前のハンスト現場に本棚を持ち込み、読書を欠かさなかったことにも、それは現れている。
官邸前の本棚はツイキャスにも映った。知性で反知性と戦う菅野の姿勢に共鳴した人々が、官邸前に集まり本を読むようになった。

菅野はハンスト中「これまでになかった、新しい戦い方をしたいんだ」と話していた。
旧来の集会デモのように動員で来るのではなく、誰かに声を掛けられて来るのでもない。
自分の意思と知性で、反知性の巣窟である権力中枢の前に来て、間違った政策に異を唱える。

「右向け右」「左向け左」。集団行動は日本社会の特性だ。官邸前の読書運動はそれに風穴を開けたのではないだろうか。
「本懐だ」。菅野は落ちくぼんだ目を輝かせた。

~終わり~
https://tanakaryusaku.jp/2020/10/00023913
2 : ログ速名無し[] 投稿日:2020/11/27 08:54:31
このスレッドを表示するにはこちらで閲覧できます => http://maguro.2ch.sc/test/read.cgi/poverty/1603750785/l50


おすすめスレッド

PR

みんなが見ているスレッド

PR

ニュー速(嫌儲)板での新着

ニュース全般の新着

スポンサードリンク