ログ速トップ
1 : 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です [sage] 投稿日:2020/11/29(日) 04:56:28.76 ID:IMgkYFfaM.net BE:641286412-2BP(1000) [1/1回]
https://img.5ch.net/ico/gya-.gif
https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12283-876274/

■ヤバ女は一日にしてならず。2018年に発売された麻耶のエッセイ『しなくていいがまん』(サンマーク出版)を読むと、ヤバ女の芽のようなものをここかしこに感じるのです。

■謙虚なフリして自己評価が恐ろしく高い

『しなくていいがまん』によると、念願かなってTBSの女子アナに採用された麻耶は、会社に恩義を感じ、入社後の目標を以下のように綴っています。

■《わたしには、「やりたい!」と思う番組もたくさんありました。その番組でがんばることでTBSに貢献し、視聴者のみなさまにTBSをより好きになってもらって、スポンサーさんがたくさんついて、みんなのボーナスが増える……そんな壮大なことを目指していたわたし》

「会社のため」という姿勢に「なんて純粋な子なんだ」と、特に男性は心を打たれるかもしれません。しかし、私には■「謙虚なフリして図々しいな、自己評価が恐ろしく高いな」としか思えませんでした。

 麻耶が、愛社精神を持って会社のためにがんばりたい、貢献したいと思っていたのはうそ偽りのない事実だと思います。「まじめに働きます」という決意表明でしょう。

 ■それでは、もしTBSの先輩たちがこの目標を聞かされたとしたら、どう解釈するでしょうか。「まじめな新人」と応援する人もいるでしょうが、鼻白む人もいると思うのです。

 目標という言葉は、学生時代は「達成したい水準」の意味で使われることが多く、「目標は高ければ高いほどいい」などと言われたりします。しかし、社会人になると「達成できる見込みのあること」を指すことのほうが多くなります。

 ■麻耶の目標を社会人としての意味で解釈すると、「自分ひとりで視聴率を上げ、大企業TBS全員のボーナスが上げられるほどの獅子奮迅の大活躍をしてみせる」と言っているのと同じことになります。こちらの意味で解釈するなら、麻耶は「まじめ」ではなく、「すごい自信家」「自己評価が高い」とみなされるでしょう。

 ■また、麻耶の「やりたい番組がある」という言い方は「その番組に出たい」アピールにも聞こえますし、「自分が参加することで、TBSに貢献する」というのは、「自分が出演することで、視聴率を上げてTBSが潤う」と言っているようなものですから、「前任者より私のほうが人気がある、私のほうが数字(視聴率)を持っている」と挑戦状を叩きつけているような気がしないでもない。麻耶に悪気がないことはわかりますが、失礼だと受け止める人がいてもおかしくないと思います。

 実際、麻耶は周囲との人間関係はうまくいっていなかったそうで、「調子に乗っている」「媚びて仕事を取っている」と非難されたと明かしています。

 自分は「会社のために」「まじめに」頑張っているつもりなのに、認められるどころか悪く言われてしまう。こんな生活を送っていたら、メンタルが疲弊しても無理はないでしょう。20代のころから、麻耶は大分ストレスを溜めてきたのではないでしょうか。■なぜ周囲は麻耶を認めなかったのか。ぶりっ子キャラがよくなかった可能性も大ですが、これは「自分にしか興味がない人」の陥りがちなジレンマではないかと私は思っています。

■自分が好きすぎるから、自信がなくなる

 麻耶は『しなくていいがまん』において、■《「そのままの自分」に自信がない》と書いています。

 2016年に『しくじり先生』(テレビ朝日系)に出演した麻耶は、中学時代「6日に1回のペースで男子から告白され」、「1週間に1人来ないと『なんか変だな』と思う」くらいモテまくっていたことを明かしていました。大学時代は、明石家さんまと一般人女性が恋愛について語る『恋のから騒ぎ』(日本テレビ系)で、よりすぐりのかわいい子だけが座れるとされる前列に座り、女子アナになって入社早々レギュラーをたくさん持たされた。この人生で「自信がない」と言われたら、どうすりゃいいのと思う人もいるかもしれません。

 
2 : ログ速名無し[] 投稿日:2021/01/22 16:24:12
このスレッドを表示するにはこちらで閲覧できます => http://maguro.2ch.sc/test/read.cgi/poverty/1606593388/l50


おすすめスレッド

PR

みんなが見ているスレッド

PR

ニュー速(嫌儲)板での新着

ニュース全般の新着

スポンサードリンク