ログ速トップ
1 : すらいむ ★[] 投稿日:2020/11/26(木) 13:13:35.42 ID:CAP_USER.net [1/1回]
アスリートが到達する無我の境地「ゾーン」に入る2つの方法とは?

 スポーツやeスポーツ、音楽などに没頭している人は、しばしば時間が止まったように感じるほどの極端な集中状態を経験することがあります。
 「ゾーン」や「無我の境地」と呼ばれるこの状態に入る方法について、オーストラリア・サザンクロス大学の心理学者が解説しています。

 Let it happen or make it happen? There's more than one way to get in the zone
 https://theconversation.com/let-it-happen-or-make-it-happen-theres-more-than-one-way-to-get-in-the-zone-149173

◆2種類の「ゾーン」
 スポーツ科学や心理学の分野では、これまで「ゾーン」に関する研究が複数行われてきましたが、こうした研究では「ゾーンには1種類しかない」ということを前提にしてきました。
 これは、スポーツ選手などが功績を挙げてから数カ月、あるいは数年が経過した後に行われたインタビューに基づいているため、細かいゾーンの違いについての記憶が風化してしまったことが原因です。

 そこで、サザンクロス大学で心理学を研究しているクリスチャン・スワン氏とスコット・ゴダード氏らの研究チームは、並外れたパフォーマンスを示してから数時間から数日以内のアスリートにインタビューを実施しました。

 その結果、「ゾーンには『フロー』と『クラッチ』の2種類が存在する」ということが分かったとのこと。
 スワン氏らは、2種類のゾーンの違いを「アスリートの証言では、フローは余裕で『実現させる(Letting it Happen)』と表現され、クラッチはここ一番という瞬間に意図的にギアを上げて『実現する(Making it Happen)』と形容されます」と説明しています。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

Gigazine 2020年11月25日 21時00分
https://gigazine.net/news/20201125-zone-flow-sport/
2 : ログ速名無し[] 投稿日:2021/01/25 03:51:15
このスレッドを表示するにはこちらで閲覧できます => http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1606364015/l50


おすすめスレッド

PR

みんなが見ているスレッド

PR

科学ニュース+板での新着

ニュース全般の新着

スポンサードリンク