ログ速トップ
1 : すらいむ ★[] 投稿日:2021/01/24(日) 15:19:15.37 ID:CAP_USER.net [1/1回]
脳の老化は「免疫細胞の暴走」が原因で生じていた! 認知機能の回復に成功

 脳の老化は鋭敏な判断能力を喪失させ、記憶・思考力を低下させるアルツハイマー病の原因だと考えられています。

 アメリカ・スタンフォード大学医学部神経学科のカトリン・アンドレアソン博士らの研究チームは、1月21に付けの科学誌『Nature』にて、脳の老化原因の1つがミエロイド細胞(英訳:myeloid cell)にあり、この誤動作を止めることでマウスの認知機能が逆転したと報告しました。

 その報告によると、免疫細胞の暴走が脳細胞を炎症させ、機能低下が生じていたとのこと。

目次

脳の老化の原因は、免疫細胞の暴走による炎症だった
脳の炎症をブロックする実験で、マウス脳の機能低下を逆転させる

■脳の老化の原因は、免疫細胞の暴走による炎症だった

 ミエロイド細胞は、脳や循環器系、抹消組織に存在する免疫系の細胞であり、身体の兵士または管理者として働いています。

 感染性の侵入者を撃退していないときは、死んだ細胞やタンパク質の破片を片付けたり、他の細胞に栄養を供給したりします。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

ナゾロジー 2021.01.23
https://nazology.net/archives/80204
2 : ログ速名無し[] 投稿日:2021/02/26 00:54:12
このスレッドを表示するにはこちらで閲覧できます => http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1611469155/l50


おすすめスレッド

PR

みんなが見ているスレッド

PR

科学ニュース+板での新着

ニュース全般の新着

スポンサードリンク