ログ速トップ
1 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:20/03/28(土)17:37:24 ID:dBp [1/1回]

「ハアーッ!ハアーッ!ハアーッ!」

 サラリマンが路地を走っている。
時折後ろを振り返り、その拍子に転びそうになりながら、なおも走る。
その腕にはUNIXモデムを抱えていた。

「ハアーッ!ハアーッ!ここまで来れば……!」

 ダストボックスを押しのけ、路地の角を曲がると、表通りが見えた。
サラリマンは微かに表情を明るくしたが、次の瞬間、そこにヤクザベンツが停車した。
双子のようにそっくりな顔をしたヤクザたちが降りてきて、サラリマンの行手を塞ぐ。
彼は青い顔をして踵を返す。
そこに黒衣のニンジャが降り立ち、慇懃にアイサツした。

「ドーモ、デスイーターです。オニゴッコ・チェイスはこれまでだ……おとなしく設計図を渡してもらおう」
「こ、断る!これは人類の未来を拓くテクノロジーなんだ。お前たちのような悪党に渡すものか!」

 サラリマンは勇ましく啖呵を切り、モデムをひしと抱え込む。
その内には、新型エメツ・リアクターの設計図……巨額のマネーを生むデータが収められているのだ。

「フン、そうか。ならばその悪党がどれほど冷酷か教えてやろう」

 デスイーターはそれを奪い取るべく、ツカツカとサラリマンに近づく。
この場に乱入する者がいたとすれば、サラリマンを救おうとする勇者か、設計図を奪おうとする悪党か……
あるいはニンジャとあれば全て殺そうとする復讐者だろうか。


おすすめスレッド

PR

みんなが見ているスレッド

PR

スポンサードリンク