ログ速トップ
1 : 名無しさん[] 投稿日:2014/04/08(火)11:33:26 ID:???
※身近で起きた不思議な出来事を語れ
自分、家族、友人、他人を問わず
身近で起きた不思議な出来事ならなんでもOK
2 : 名無しさん[] 投稿日:2014/04/08(火)12:26:11 ID:???
≫1がスレ立てた
3 : 名無しさん[] 投稿日:2014/04/09(水)02:17:14 ID:???
母が亡くなった次の日に旦那が電車で出掛けて、眠っていた所誰かに肩を叩かれたそうです
驚いて辺りを見まわしたけれど、周囲には誰も居なかったんだそうです
4 : 名無しさん[] 投稿日:2014/04/09(水)19:33:42 ID:???
それは確実にお母さんが叩いたな

母親繋がりで自分も。母が亡くなって何年も経ってるんだけど去年のお盆にベッドに寝っ転がってネットしてたら足元に妙な空気が触れたんだ。何だろうと思いつつ窓開けてるから風かなと思ってたんだけど時期的にもあれは母親だったなと思う。また会いたい
5 : 名無しさん[] 投稿日:2014/04/10(木)13:09:33 ID:???
駅員「お客さーん、終電っすよ?」
「あー忙しい。さあ次、次」(サッ)

3旦那「……ん…んあ?」
「だっ、誰もいねえ!!」(ガクブル)
6 : 名無しさん[] 投稿日:2014/04/10(木)16:35:54 ID:???
次は~骨壷~骨壷~~

幽霊でんしゃあの世いき
7 : 名無しさん[sage] 投稿日:2014/04/11(金)00:15:39 ID:???
独り暮らしの部屋の玄関ノックで目が覚める
酔っぱらいが部屋間違ったか、と無視
部屋内のドアノック→摺り足が聞こえる→首すじトントン

ちょっと通りますよ、のAAが頭に浮かんで再び寝た。
8 : 名無しさん [sage] 投稿日:2014/04/11(金)14:41:09 ID:???
ナビの案内通りに走ったのに目的地に着かない!
9 : 名無しさん[sage] 投稿日:2014/04/13(日)13:50:42 ID:???
ビジネスホテルのベットで、寝転んでスマフォでYoutubeの心霊の話を観ていたら、
隣の部屋から、壁ドンが一回あった。
一回だったので、何かぶつかったのかと、気にせず観続けていた。
話が佳境に入ってきたら、壁をドンドンと、連続でたたき出した。
怖くなって、スマフォの電源を落とすと、ピタリと壁ドンが無くなった。
10 : 名無しさん[] 投稿日:2014/04/14(月)14:19:05 ID:???
母の通夜の夜。
弟と二人、母の亡骸と話していた。
今、近くに居るなら、どうにかして教えて??と言ってみた。

密室なので、点けた線香の煙は、
真っ直ぐに登っていたのだが、
不意に弟が「ちょっと???見て!」
と。
線香の煙は、グルグル渦巻き出ながら登りだしていた。

11 : 名無しさん[] 投稿日:2014/04/15(火)23:59:58 ID:???
俺がまだ中学生だった頃の話なんだけど

中学生や高校生ぐらいになるとオナニーを覚えるじゃん?
でも親と同居していて何時でも好きな時にオナれるわけないじゃん?

それで親にも怪しまれずに安全で快適な場所を探してたんだ
そこで見つけた場所が開放的で安全な場所が風呂場だったわけ
12 : 名無しさん[] 投稿日:2014/04/16(水)00:03:43 ID:???
つづきです

いつものように風呂場で全裸になってオナっていたら

視線を感じるのよw

でもイキそうだったからそのままスッキリして
風呂をでたのね
風呂場のドアの外には誰もいないし
廊下を歩いていた家族も誰もいない
13 : 名無しさん[] 投稿日:2014/04/16(水)00:07:25 ID:???
つづきです

でも確かに何処からか見られていた気がしたんだ

翌日も風呂場でシコッてると
また視線を感じるw

風呂場の脱衣所に人の気配は無いし
廊下に佇んでいる時の軋み音もない

どこから視線を感じるだろうと視線を上げたその刹那
14名無しさん[] 投稿日:2014/04/16(水)00:12:01 ID:???
つづきです

風呂場の天窓が全開に開いていて
そこから見知らぬ女子高生っぽい女の子が
じーっと見ていたw

ほんの2~3秒だったと思うけど
視線が合ったその瞬間は怖かったなw

何食わぬ顔なのに
ちんこフル勃起状態で窓を閉めたのは良い思い出w

おしまいw
15名無しさん[] 投稿日:2014/04/16(水)14:25:18 ID:???
不思議というのかゾッとした話

何故か、自分の家のトイレの便器の下にうんこが落ちていた。
普段は自分、嫁、娘(4歳)の3人がトイレを使ってた。

当時、トイレトレーニング中の娘の仕業?と思ってたのだが
(というかそれしか考えられない)、落ちてた場所、角度から
どう失敗してもそこには落ちないだろうみたいな不自然な感じだった。
あと子供とは思えない大きさだった。

その後、我が家の七不思議みたいな話題になってて、事あるごとに
誰かに話してたんだが、ある人が真顔で俺にこう言ったんだ。

「泥棒はね、入った家に金目の物が無いときに、腹いせにうんこしていくんだよ」
16 : 名無しさん[] 投稿日:2014/04/16(水)17:08:31 ID:???
うわー、きもちわるー…
17 : 名無しさん[] 投稿日:2014/04/16(水)17:57:22 ID:???
>>14
いや
いやいやいや
何か色々足りないだろ
何なのその話?犯罪?オカルト?
その女子高生なんだったのさ?
18 : 名無しさん[sage] 投稿日:2014/04/17(木)00:49:53 ID:???
>>15
極度の緊張から泥棒中にもよおすことが多いんだと。
でも、物音立てるわけにはいかないから、流さずにそのまま立ち去るって、テレビで言ってた!
19 : 名無しさん[sage] 投稿日:2014/04/17(木)15:02:46 ID:???
ネットの書き込みを知らない人が知っている
20 : 名無しさん[sage] 投稿日:2014/04/17(木)15:05:20 ID:???
貴方も誰かに監視される時代
21 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/04/30(水)12:19:06 ID:???
22 : 15[sage] 投稿日:2014/04/30(水)14:06:13 ID:???
幸いにも盗まれた物は無かったみたいだけど、なぜ泥棒が普通に便器に座って
しなかったのか・・・。

それは我が家のトイレの便器は脱臭装置のファンが付いてて、便座に座ると
排気音が出る。ちょっと調子が悪く、かなり大きな音が出るので、一回座って
驚いて、仕方なく床でしたんだと思う。
23名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2014/05/05(月)17:31:21 ID:???
一人暮らしを始めた20代の頃。1Kのアパートだったんだけど、その部屋がちょっと変だった。
ベッドを道路に面した出窓の窓際に置いていた。
その出窓は幅30センチ奥行20センチ程度。小さすぎて人は通れない。
私はその出窓前にブラインドをつけていた。
窓ガラスは開閉できたが、交通量の多い道に面していたので排ガスが嫌でほとんど開けなかった。
にも関わらず、地震でもなく風でもないのに突然ブラインドがバシャバシャと激しく揺れることがあった。
寝てる時に1回。その時は寝ぼけて蹴ったのかと思った。
それからしばらくして、昼間にキッチンの方で食事してたら誰もいない部屋でブラインドだけが
激しく音を立てて揺れた。

あれはなんだったんだろう? 
24 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2014/05/11(日)10:44:33 ID:???
>>23
自分も「揺れる家」に住んだ事がある。新婚当時に住んでたアパートが
毎日決まって真夜中2時半ぐらいに震度1ぐらいでガタガタ揺れた。
最初は気味が悪かったんだけど、だんだん慣れちゃって、揺れると「ああもう
こんな時間かあ」って、時報代わりにしてた。

ある日、自治会でアパートの住民が集まって大掃除をすることになった時、
謎の振動の件を大家さん含め、他の住民にも訊ねたんだけど、驚いたことに
揺れるのは自分の部屋だけだった。その後、家を買って引っ越した。

今でもあれはなんだったんだろうねと、嫁と話すことがあるよ。
25 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/05/12(月)15:23:48 ID:???
丑三つ時ですなあ。幽霊さんも認めてもらえないで張り合いなかったことだろう。
26 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2014/05/25(日)22:00:21 ID:???
ある日突然「家族が1人足りない」って感覚がした。
当時は中学1年生だったと思う。とても大事な人がいない。でも誰だかわからない。
父も母も姉妹たちも全員ちゃんといる。 
とても焦ったし、寂しかったので母に話したら
「あんた、自分を数え忘れてるんじゃないの?www」と言われた。
もう中学生なのにそんな勘違いする訳無いじゃん。全然まともにとりあってもらえず、
私も感覚だけの話なのでそれ以上話すこともなく、それで終わってしまった。
でも、確かにとても大事な誰かが居なくなったんだよ。
記憶は一切ないけどその感覚だけは40過ぎのBBAになった今でも覚えてる。
27 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/05/26(月)07:31:17 ID:???
面白い話だな。オカ板で書くと異世界ものとして大量レスが付くと思う。
2826[sage] 投稿日:2014/05/26(月)10:12:55 ID:???
オカ板のバナーの人形の目にビビって怖くていけないチキンです。
29 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/05/26(月)11:16:56 ID:???
>>28
おまw
30 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/06/10(火)02:12:13 ID:???
今やられた、当方微霊感有り
(勿論完全な勘違いかもしんないけど)

さっき神事に携わる役職に就くのは無理だと降って湧いたように思ってから
「……何でそんなん思ったんだ?」
と神事について殆ど何も知らないのに自分でもよく分からない状態に
そして明日動かにゃならんし寝なきゃなと床に就いて暫くしたら背中をずっと撫でられているような感覚に目が覚めた
変な金縛りの後にもう一度寝ようとすると耳慣れしてない音楽で目を開けざるを得ない
神様でも居るのかなと思って
「神様居るなら何でも良いから何か二回鳴らして」
と脳内で考えた瞬間

【ミョーン】

と一回腰辺りで何かが振動した
勿論腰回りには何もない
ビックリし過ぎて眠気吹っ飛ばされた
まあ神様じゃない、二回鳴らなかったもん

いやもはや何でも良い
お願いだから今日は寝かして下さい、明日銀行とか行かにゃならんのですわ……
31 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/06/25(水)09:16:17 ID:???
中学生の時に親友の親が喧嘩しまくるようになってて、それが原因なのか何なのか
親友は登校拒否になってしまった。
心配して毎日のように顔を見に行ったりはしてたんだけど、詳細は聞いてなかった。
ただ両親が不仲だとしか。
そんな折、いつものように親友は学校を休んで、私は学校で授業を受けている日のこと。
親友からもらったシャーペンの芯がすごく折れた。力加減とかいつものようにしてたから謎だった。
けど、放課後、いつものように親友の家に行ったら、親友父が出てきて、親友は親友母親友妹と共に
親友母の実家に行ってしまったと聞かされた。
行ってしまった時刻を聞いたら、シャーペンの芯がすごく折れた時間帯だった。

後日偶然親友と会うことがあって(いつの間にか戻ってきてたらしい)当時のことを聞いてみたら、
確かにその日その時、私に「もう会えない、さよならも言えなかった。ごめんね」と強く思いながら
号泣してたんだそう。
32名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2014/07/02(水)00:29:49 ID:???
小学生のときに自転車に乗って遠出したら道に迷って帰れなくなったことがあった。
心細くてこのまま一生帰れないんじゃないかと不安で泣いてたら、大きな雑種の野良犬が近寄ってきた。
寄り添うように座ってきたけど不思議と怖さはなくて、落ち着くまで頭を撫でてた。
傍に生き物がいることで心細さもなくなって、どうやって帰ろうかと考えてたら、犬が立ち上がって歩いてこちらを振り向いた。
「ついてこいって言ってるんだな」と勝手に決めつけてゆっくり歩く犬についていくと、本当に知ってるところに出て
犬にお礼を言って撫でると無言で何処かに駆けていった。今思うと妖怪みたいな犬だったけど、
そのときはそれが当然なような気がしてて、あの犬は良い奴だったくらいしか考えなかった。
それから30年近く経ってすっかり忘れてたときに
甥っ子から「迷子になったけど犬に連れられて帰ってきた」と聞いたときに
思い出したのと同時に絶対に俺を帰してくれたあいつだって確信して胸が熱くなった。
嫁に話したら「貴方も甥っ子君も丸々としてて美味しそうだから犬神様に目を付けられたんだ」と言われて一瞬納得した。
俺も甥っ子もぽっちゃりしてるだけで丸々としてないし、犬神様ってなんだよと喧嘩したね。
甥っ子の話からも数年経つけどあの犬は今も何処かで迷子を助けてるに違いない。
33名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/07/04(金)07:39:58 ID:???
なんかいい話だな。俺は野犬に追いかけられて死にそうになった記憶しかないが。
34 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2014/07/05(土)20:49:27 ID:???
>>33
俺も犬は苦手だわ…何度追い掛け回されたことか。それはそうと
うちの近所に小さな森があって、そこでよく子供のころ遊んでた。ところがある時近所の底辺高校の
関係者がやってきて、そこを野球場にしますので云々ということを言った。その底辺高校は
エコロジー高校みたいな名前のとこで、環境問題について取り組むのを売りにしてるところだったんだが…
ところが更地になって一年しても何か設備がたつ様子がない。聞くところによると理事長が病気で亡くなって
えらいことになってるそうだ。また一年くらいして、家に電話が来た。なんとかいう会社からで、
更地になった森をメガソーラーにするそうだ。エコロジー高校なんて名前のくせに地域の緑を
破壊するから罰が当たったんだ、と思った。
35 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/07/06(日)22:21:16 ID:???
>>32
「送り犬」っていうやつだわ
お礼言わなかったら多分帰ってこれなかった
36 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/07/06(日)22:44:59 ID:???
ちゃんと名前もあるのか!
32じゃないけど、感激!
37 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/07/07(月)01:49:17 ID:???
父が亡くなった時かなぁ。
父が亡くなったのと同時刻の頃。
・母方の親戚宅でめちゃくちゃ強い風が吹いて、外に出られないほどだった。
一番下の孫の、通学用に使ってたバッグのヒモがいきなり切れた。
どちらも、なんか嫌だな、と思った直後に我が家から訃報が届いたそうだ。

そして納骨に行く日も、家を出る前からものすごい風!無事終わって帰宅した途端、風が止んだ。
頑固でわがままだった父の最後の抵抗だったんだねー!とみんなで笑った。
38 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/07/20(日)05:38:05 ID:???
私も祖父が亡くなる時にあったなぁ。
楽しみにしてた舞台を観に行って友人と呑んで家に泊まって、寝てっていう普通に過ごしてた時の明け方に
片足がもうどうしようもなく痛くなった。痛みで起きた。
普段そういう症状なかったから何事かと思いながらも痛い足を抱えて布団の中でのたうち回ってたら
実家にいる妹から「祖父危篤」の電話がきた。
その電話に出て、「分かった、明日帰るね」って返事したら足の痛みがすーーっとなくなった。
とりあえず朝友人起こしてその事話したら、「おじいちゃん(舞台見終わって帰ってくるまで)待ってくれたんだね」って言ってくれた。

通夜の夜に祖母から聞いたんだけど、祖父は私が母のおなかにいる時に足を切断する手術をしていて、
私が生まれるまで生きていられるか分からない、と言われていたらしい。
そんとき痛くなった足と同じ足。
私の名前は手術をしてくれた医者から一文字頂いたものだったんだって。
自分の名前にそんないわれがある事にもびっくりしたし、結局祖父は両足なくしても80過ぎまで元気にしてて
車も乗り回してたから死にかけたってことにもびっくりした。

じいちゃんは離れて暮らしてる私に知らせたかったんだろうけど、痛くするのはやめてほしかったなあ
と思ったわw
39名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/07/22(火)00:38:40 ID:???
き、聞いてくれ……たった今の話だ…………
誰もいない部屋の斜め上の方からマリオがコインをとる
音がしたんだ……何を言ってるか略

携帯は目の前だしポータブルゲーム機も起動してないし
パソコンで動画もかけていないしメールも受信していないし
どこで誰がコインとってんだ……?
40 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/07/23(水)22:02:11 ID:???
誰に言っても信じてもらえないんだけど、今から10年以上前の話

友達にすごく手先の器用な子がいて、その子がビーズのアクセサリーを作って誕生日にプレゼントしてくれた
好みドンピシャで、すごく嬉しくて、肌身離さず(学校に着いたらカバンに隠して下校の時また付けてた)持ち歩いてた

ある日、いつものようにアクセサリーをつけて学校に行った
若い講師の先生に「それ、他の先生に見つかると没収だよ!」と軽い注意を受けてカバンにしまったのに、下校するときカバンを開けるとアクセサリーが消えていた

カバンをひっくり返して探してもない
落ちてもいない
あちこち探したけれどやっぱり見つからない
先生が勝手にカバンを漁って没収するなんて事はしないと思うので、考えられるのは盗まれた可能性しかなかった

アクセサリーを無くしたショックや友人に対しての申し訳なさがごちゃまぜになって、泣きながら帰宅した

部屋に入ると、私の机の上に学校で無くしたアクセサリーが乗っていた

目を疑ったけど、それは確かに友人が作ってくれて、私が今日学校で無くしたはずのアクセサリーだった

誰か届けてくれたのかもしれない!
そう思って母に聞くも「誰も来てない」との事
そして母が昼頃私の部屋に入ったときには、もう机の上にあったそうだ

「アンタ今日忘れていったのを忘れてるだけでしょ」 と母は言っていたけれど、絶対にそれはない

大事にしてたアクセサリーが自力で帰ってきてくれたんだと今でも信じてる
41 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/07/25(金)01:35:18 ID:???
正夢をときどき見るし、人としゃべっていてその人の未来が見える時がある
良いことも悪いことも100%当たります 
一つだけ例を上げると20年前引っ越ししてきて向いの奥さんに酷いいじめに合い
ました その奥さんにはいつも黒いもやがかかっていてそこの次男が死ぬところが
見え2年後溺死しました
子供のころから霊感体質でした
42 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/07/25(金)02:47:17 ID:???
いとこの兄ちゃんの話。

車に乗ってたときに「そろそろ買い替えどきかなー」とポツリつぶやいた。
すると車がシュン…と元気をなくすようにエンスト。
高速だったので死に物狂いで車を端に寄せる。
車内でJAF待ちしていたとき、ふと買い替えるなんて言ったからか?と
「ごめん、捨てないよ」と兄ちゃんが言った途端かかるエンジン。

車も意思があるんだと大笑いした夏。
43 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/07/27(日)21:20:10 ID:???
2年前2か月入院してて重傷患者ばっかりのフロアーでした
死神て本当におりますよ 黒い小人がくっついてる患者さんは三日以内に亡くなりました
三人見ました 本当です
44 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/07/28(月)06:31:52 ID:???
イチョウくらいの大きな木が突然折れて、木陰に停めてあった車の上に倒れて車が破壊される夢をみた。
実際の我が家にそんな木はないし、車も見覚えのないものだ。
ただそれだけの夢なんだけど、やけに印象に残ってたので2ちゃんのチラ裏スレに書いたら、
「親族で強い影響力を持つ中心的な人物がごく最近亡くなりませんでしたか」ってレスが付いた。
そのとおり、本家の婆ちゃんが死んで葬儀を終えた日の夜にみた夢だった。
それ以来、星占いや血液型占いなどに懐疑的だった俺も、夢占いだけは信じてる。
45名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/07/28(月)07:24:26 ID:???
夢占いは心理学だからね。

本家のおばあ様、
頼りにされてたのが分かるね。
46 : 44[sage] 投稿日:2014/07/28(月)07:50:49 ID:???
>>45
うん、親族だけでなく誰からも慕われてる人だった。
困ったことがあれば婆ちゃんに相談するし、
婆ちゃんに何かあればみんなが駆け付けるような感じ。

その人が言うには、木は人を表し、車は家族の象徴らしい。
だから、木が倒れる=人が亡くなることで家族が壊れることを心配しているのでは?とも書かれた。
たしかに葬儀の間、坊さんの読経を聞きながら俺、
「婆ちゃんがいなくなったし、もうこんなふうに親戚が集まることもなくなるだろうな」って考えてたんだよね。
そのくらい親族にとって中心的な人だったんだ。
47 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/07/28(月)09:25:57 ID:???
お年寄りの鏡
48 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/08/01(金)02:23:16 ID:???
高校生の時、ある日の授業中寝てしまった。
その時、上靴裏に画鋲が刺さる夢を見た。
しかし起きて授業を受けているうちに忘れてしまった。
下校時刻になり玄関で思い出し、もしかしたらと上靴の裏を見てみると本当に刺さっていた。

ちなみにそれまでカツカツと足音もしなかったし、貫通して足裏を刺激することもなかった。だからいつ刺さったのかもわからない。
不思議で面白かったけど、ほんとしょうもない正夢だった。
49 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/08/03(日)04:35:39 ID:???
20年前座敷童がうちの家におりました
50名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/08/04(月)12:28:48 ID:???
夢の話なんだけど、夢の中のシーンが突然いつも同じシーンになる。
現代の自分の生活の夢を見ていても突如、イラストのようなシーンになる。
手前の背を向けてる人は、お店の人なのか、初老の男性と話しているのだが
初老の男性の横に、緑色の顔をして頭を曲げた女が私を見ている。
以前みた時代劇にこんなシーンがあったのだろうか?
夢の中でも「あ、まただ」と思っている。
今朝は見なかったけど、その前日、前々日と2日続けて見てしまった。
誰か、こんな映画か番組を知らないだろうか?気になる。
http://open2ch.net/p/kankon-1396924406-50.png
51 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/08/04(月)14:21:54 ID:???
近所に家の屋根に火の玉飛んでてあくる日回覧板で
その家のおばあちゃんの訃報知って驚いた
52名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/08/04(月)14:59:27 ID:???
数年運転していない私が、彼氏の車を少し乗らせてもらい練習させてくれることになった。
彼氏の車は10年くらいの10万キロ?くらいのという感じで、
室内温度とか時計とかの液晶?が映らないことが多かった。
調子がいいと時計がちゃんと読めるね、くらいの。

私は当時付き合って半年くらい。
車に愛称をつけて助手席に乗っていて、でも車の方は私が乗るとエアコンが効かなかったり、
もちろん液晶パネルも暗い。

まるで魂があるみたいだね、ヤキモチやかれてるね、と笑っていた。
いつも乗るときは、「おはよう、よろしくね」などつぶやいていた。

そんな車を運転させてもらえるので、キズとかつけないかドキドキしてたのだが、
とりあえず人が少ない道路広めの路地で手慣らし、
その後道路を走る。流れに乗るだけで精いっぱいだった。

なんとか練習を終え、帰り運転してくれている彼氏と話をしていると、彼いわく、
いつもはあんなに不機嫌なあっちゃん(彼氏の車。アテンザ。)が、
ガンガンエアコン効いて、液晶パネルも全部ついていたらしい。

ゴーストが宿っていると私は信じています。
53 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/08/06(水)09:34:38 ID:???
>>52の話をみて思い出した話。
私の父親が知り合いから中古のハイゼット(ダイハツ車)を貰って乗っていた。
走行距離がどれくらいだったかは覚えてないが、かなり走ってると言ってた。
父はそれを修理しながら大事に大事に乗っていた。
燃費もかなり悪かったらしいが「俺の相方だから」とニコニコしながら休みの日には洗車したりワックスかけて磨いたりしていた。
ある日の仕事帰り、ハイゼットとのお別れの時が来たそうだ。
調子が悪くなったので路肩に停車。その途端、動かなくなってしまった。
うんともすんとも言わなくなってどうしようかと回りを見渡したら、真横がダイハツのディーラーだったと言う。
父曰く「ハイゼットが死に場所をここと決めて“ここに置いて行って”と言ってるようだった」と。
ディーラーさんに声をかけ、中古のハイゼットを廃車してもらって、そこでハイゼットの新車を買い直した。
新しいハイゼットも、20数年と言う長い間愛用し、父が体調を崩して免許を返納するまで乗ってました。

例え機械と言え、大切に使っていると物には精霊のようなものが宿ると私も信じてます。
54 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/08/06(水)13:01:17 ID:???
>>50
こえーよ!
55名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2014/08/10(日)06:57:44 ID:???
毎晩9~10時の間に、ご近所からタンバリンを鳴らす音が聞こえてくる。
住宅街密集地だし、マンションもあるので
音が反射したりして出処はわからない。
アラームにしてはリズムは毎回違う。
最近は、タンバリン芸人が近所に住んでいるんじゃないかとちょっと期待してる。
56名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2014/08/10(日)12:55:10 ID:???
>>55
タンバリン芸人w誰w

子供の頃、隣の市に住んでてちょっと頭がおかしかった嫌われ者の伯父が、一年
に一度くらい金の無心に来てた。
伯父は本当に浮浪者というかグランジ感半端ない服装で来るので嫌だった。
俺が中学生になる位には他界して、もう来なくなった。

10歳離れた妹に「そんな伯父さんがいたんだけど、お前覚えてないだろ」と
この前話したら、
「覚えてる、汚い格好してるし、いつも顔の書いてある風船みたいなのいくつも
引きずってて気持ち悪かった」
と言われた。

風船なんて勿論記憶にない。
57 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2014/08/10(日)15:01:38 ID:???
>>56
その風船って… れぃ… いや、なんでもない。
58 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2014/08/11(月)18:35:17 ID:???
引きずる霊、って山岸涼子のマンガであったなー
怖い怖い
59名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/08/11(月)22:29:41 ID:???
今日お見舞いに行きました
古い病院で昔は結核病院だったそうです
病室は7階なのでエレベーターに乗ろうと思ったら一人若い男の人が乗ってました
7回まで直通で上がって降りようと思って振り向いたらさっきの男性がおりません
あの人だれ???
60名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2014/08/11(月)23:46:53 ID:???
ああ、その人、イケメンでした?
昔から結核患者ってのはイケメンと決まっていますのよ。
良い男と出会えましたね?
もう、離れませんことよ?
61 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/08/12(火)00:35:47 ID:???
アラ 確かに病院から私に憑いてきましてお盆明けにお祓いに
行く予定でした でもあなたにイケメンと言われ喜んであなた
に乗り換えたそうです 
私霊感があります あなた気に入られたようよ 
よい男と出会えましたね
もう、離れませんことよ
ちょうどお盆ですものね
フフフ
62 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2014/08/12(火)06:28:51 ID:???
残念ながら、私には夫がいますの。
明日、帰ってきますのよ。
初盆ですからね、気合い入れてお迎えするの。
格闘家ですからね、
結核患者なんてつまんでぽいっですわ。

ついでに言うなら、ブサ専ですの、私。
63 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/08/12(火)08:57:17 ID:???
すっげー負けず嫌い
すさんでる・・・
64 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2014/08/12(火)18:18:13 ID:???
>>39
遅レスですまんがな・・・それは2ch新着レスの音だ・・・。


アパートに住んでるんだけど上の住人引っ越した後、まだ誰も入ってないはずなのに
夜中3時くらいに、トットットットトトトットットトットット・・・っていう小さい子供みたいな足音がする。
子供いねぇよ・・・いても下階の2軒隣だったりするよ・・・。
65 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2014/08/12(火)23:17:19 ID:???
ツイッターの話なんで分からない人にはイミフかもしれないが

ある日自分のプロフィールページで自分のツイートを見たら
最新の欄にリツイートした覚えのないツイートがリツイートされていた
地方新聞のアカウントで、火事の記事ツイートだった
もちろん自分はフォローしてないし初めて見るアカウントだった

不思議に思ったのはその地方新聞が母の実家がある地方の新聞だったこと
興味を持ったのでそのツイートからリンク先の火事の記事を読んだら
現場住所が完全に母の実家付近で、火元から何件か延焼していた
母の実家には祖母が一人暮らししているのでびっくりして母に連絡を取った
母も私の連絡で火事を知り、慌てて祖母の無事を確認してから母は一度実家に戻った

後日、その時の話を聞くと、その火事で母が若い頃にお世話になった恩師がお亡くなりになっていたそうで
母は私からの連絡がなければ早くに恩師の死を知ることが出来なかったと言っていた

きっかけが身に覚えのない知らないアカウントがリツイートされてたことだったので
不思議なこともあるもんだなと思った
66 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/08/13(水)15:32:20 ID:???
足の悪い祖母の代わりに、毎年曾祖母の命日に一人で墓参りに行ってる。
今年も参って来たんだけど、墓を掃除して花と線香を置いたところで何故か急に祖母に電話したくなった。
墓の目の前でスマホから家にかけると、祖母が電話に出た瞬間に線香の火が不自然に燃え上がった。
風も無いし、火の着け方が悪かったのかと思い早めに会話を切り上げて電話を切った。
すると急に線香の火は収まり、何事もなかったかの様に穏やかに煙だけが出ていた。
その後、不謹慎だけど墓の写真を撮ってみようと思い、スマホを向けてシャッターを押した。
画面に[原因不明のエラーの為、実行できません]という見たことの無い文が出た。ムービーも試してみたけど、結局撮影は出来なかった。
スマホの調子が悪いのかと思ったけど、墓場からでて景色を撮ると正常に撮影出来た。
まぁよくある事か。
67名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/08/13(水)20:55:03 ID:???
実は不思議でもなんでもない話かもしれないんだけど、誰か同じものを見た人いるかな?
自分が小学生の時、年齢バレるけど昭和50年頃だと思う。テレビでやっていた映像についてです。場所は関東。

女性Aがテレビを見ている。そのテレビの中で女性が男から殺される。殺した男がこちらを指差す。
今で言う「カメラ目線」ってやつで、テレビをみている人を指さしたようになる。

またテレビをみている女性Aになるんだけど、突然女性Aはテレビの中にいたはずの殺人者に襲われ殺される。
殺した男がこちらを指差す。

実はこれもテレビの中の出来事で、それを見ているのは女性B。だけど女性Bも違う方法だけど突然襲われて殺される。
殺した男がこちらを指差す。

実はこれもテレビの中の出来事で、それを見ているのは女性C。だけど女性Cも違う方法だけど突然襲われて殺される。
殺した男がこちらを指差す。

実はこれもテレビの中の出来事で、それを見ているのは女性D。だけど女性Dも違う方法だけど突然襲われて殺される。
女性Dは感電か何かで殺されたのかな?足だけ映っててビクビク動いてる。
殺した男がこちらを指差す。

こんな感じの映像です。出演者は日本人の20代ぐらいの人たちです。大学の映研か何かが作った作品? そんな記憶があります。
当時、うちは子供がテレビを見ていいのは夜の9時ぐらいまでだったので、深夜ではなく、土日の昼間のような気がします。
見たのは1度ではなく3回ほど見ていて、最初は怖くてちゃんと全部みれなかったんだけど、3回目で最後まで見ました。
私の周りの同世代は誰も知りません。スレチかもしれませんが、詳細を知っている人がいたら教えてください。


68名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/08/14(木)12:32:30 ID:???
>>67
「テレビの中の殺人者」っていうショートムービーかな?
テレビ東京で1981~1982年に放送されていた「もんもんドラエティ」
という番組の「お茶の子博士のホラーシアター」というコーナー
で流れた作品で、このコーナーはDVD化されてるらしい。
69 : 67[] 投稿日:2014/08/14(木)13:16:39 ID:???
>>68
ありがとうございます!タイトルで検索してみました。間違いないようです。
よかったー! 誰も知らない&不気味な内容でトラウマになってました。
自分が好きな小説家の新井素子さんがあの殺されたお姉さんだったとは!この事実もびっくり。
すっきりしました。ありがとうございました!
70 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2014/08/14(木)15:23:22 ID:???
新井素子女史の近影を見ると、時の流れを感じてしまうなぁ。
71 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/08/15(金)00:52:35 ID:???
>>60 62
こいつ性格メチャ悪いな
読んでて胸糞悪なったわ
72 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/08/15(金)08:34:02 ID:???
あら御免あさぁせ
73 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/08/15(金)08:59:49 ID:???
ちょwww72おまえさん別人だろwww

何故ならば60 62はこの自b……あ、なn
74名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/08/15(金)09:11:49 ID:???
>>59からの流れ
普通に面白いのに
>>63で台無し
75 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/08/15(金)14:44:44 ID:???
>>74台無しにしたのは君だろ
自分のしたこと胸に手を当ててよく考えて反省したらどうなんだ
76 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/08/15(金)20:29:18 ID:???
このスレのことかw
77 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/08/16(土)19:36:52 ID:???
このスレやろW
78 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/08/16(土)22:18:05 ID:???
粘着ってWこのスレかW
79 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/08/17(日)09:59:43 ID:???
あほ丸出し
80 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/08/21(木)21:03:32 ID:???
2ちゃんオカルト板に書いた事だけど、ここにも書く。

数年前、突然防犯に目覚めた。
つっても、多分新聞とかで空き巣とかその手の記事を見て、なんとなく意識しただけだろうが。
なので普段は使っていない、サッシの鍵を固定するための鍵(鍵の鍵)を使い始めた。
(これを掛けておくと、窓外すか、ピッキングでもしない限りは侵入不可能)
初めは試験的に一か所だけで始め、ある日何となく全室のサッシに鍵の鍵を掛けて外出。
帰ってきたら泥棒が入りたがったらしく、二か所のサッシガラスが割れていた。
泥棒は何も盗めなかったし、ガラス修理だけで済んでよかったといえばよかったけど、
警察呼んだりして大変だった。

そして未だに泥棒(未遂)は捕まっていないようだ。
そいつらが今頃どこで何をしているか分からないが、とりあえず、
ガラスを作る作業の大変さを味わうがいいと、この事件を思い出すたびそう思う。
81 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2014/08/23(土)21:34:04 ID:???
うちの猫は日本語がわかるらしい。
時々、話しかけたことに対応した行動をとるからだ。

例えば、お客さんが来たとき、たまたま猫が通りかかったので、母が「猫や、お客さんにご挨拶しなさい」と言うと「にゃあ」とお客さんの顔を見て鳴いたとか。

例えば、空模様が怪しいときに外に出ようとした猫に、「雨が降りそうだからやめときなさい」と言うと、くるっと引き返してくるとか。

実はうちの猫は野良で、兄弟2匹で拾ってきた。
まず兄猫から、と去勢手術をした。帰宅した兄猫は弟猫に何やらよく鳴いていたが、次の日に弟猫は失踪した。
探しても探しても見つからず、3週間後、兄猫と窓の外を見ながら「弟猫はもう帰ってこないのかなあ…」と泣いていたら、次の日に弟猫は帰ってきた。
すっかり野良猫の面構えで用心深かったが、この子は去勢しないから、と言っておいたら、だんだん慣れて元に戻ってくれた。
ただ、野良時代に病気をもらってしまっていて、結局2年後に亡くなってしまった。

弟猫も不思議なところがあり、病気であまり動けなくなっていたころ、そろそろお別れかもしれないと、仲が良かった向かいの家のハスキー犬のところへ抱っこして運んでいったことがある。
弟猫はハスキーに向かって、それはそれは長いこと、まるで会話するかのように鳴いた。
ハスキーは無言だったが、静かに弟猫を見つめていた。この子も数年後、病死した。

兄猫は今も元気だ。
突然病気になり、あまり長生きしないかもしれないと言われたが、生還した。
たまに何もない虚空を見つめて瞳孔が開いていたりとかするけど、あまり気にしないようにしている。
いつかは日本語を話すのだろうか。
82 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2014/08/24(日)00:41:50 ID:???
猫って不思議な行動するもんね
うちの猫もよくなにもない所を目で追ってたな…
83名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/10/01(水)06:26:44 ID:???
たった今、おきた出来事なんだが
耳打ちするくらいの至近距離で誰かにためいきをつかれた
独り暮らしだし、テレビなどもつけてないし、寝ぼけてなどもいない
幽霊だか守護霊だか知らんが言いたいことがあるならはっきり言え、気になるじゃないか orz
84 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2014/10/01(水)16:41:07 ID:???
>>83
もしかして





みみくそ
85 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2014/10/03(金)22:10:30 ID:???
昔住んでたアパートで体験したこと

風呂でシャワー浴びてたら背後から「ねぇ」と声を掛けられたらから振り返ると誰もいない

リビングにいると風呂からお湯を流す音がするので行ってみると誰もいない

因みに幽霊は見たことないけど、夜中に目が覚めて天井を見たら髑髏が見えたことはあった(寝ぼけてただけかも)
86 : sage[] 投稿日:2014/10/06(月)00:46:31 ID:???
>>因みに幽霊は見たことないけど、夜中に目が覚めて天井を見たら髑髏が見えたことはあった

幽霊以外なんだと言うんだwww
87 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/10/11(土)04:17:43 ID:???
今の家に住んでる時、
歯を磨こうと思い
お風呂場に行くと
真っ暗なのに
真っ黒い人を見た
周りは暗いのに
何故かその人だけハッキリ。
一瞬、旦那かと思ったけど
その日 旦那は飲み会。
怖くてお風呂から離れて
数分後見に行ったら
もう居なかった。
けど、その時
真っ黒い人物の事を
火事で亡くなった人かって
思った。何故か分からないけど
実は、この現象の
2週間前ぐらいに近所で
アパートが火事になってた。
人が亡くなったから不明だけど
まさかね……
88 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2014/10/11(土)17:21:34 ID:???
たて読みかと思ったわ
改行ありすぎて読む気にならん
89 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/10/16(木)01:48:12 ID:???
>>60
こいつ根性腐りきってる
悲惨な過去引きずって頭おかしなってんやろ
可哀想 あわれ
90名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/10/16(木)06:45:22 ID:???
>>59さんチーッス
そういや、その後も粘着してましたなW
91 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/10/17(金)22:39:17 ID:???
>>90
親の顔が見たいW
キチガイ
92 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2014/10/18(土)06:23:10 ID:???
粘着女に憑かれてる模様w
93 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/10/18(土)09:23:54 ID:???
幼稚WWW
94 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/10/18(土)22:54:53 ID:???
>>90
生霊つくと怖いしこの辺で身を引いた方がいいよ
恐ろしい 人をからかうもんじゃないよ
95名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2014/10/19(日)12:40:29 ID:???
不思議って言うのとはちょっと違うかもだけど。
20年ぐらい前に実家でチワワを飼ってたんだが、
その犬がなんか変だった。
じーちゃんが老人会の帰りに拾ってきた犬で、
雨が降る中、泥だらけでクシャクシャになって震えてたそうで
あんまり可哀想で連れて帰ってきたそうだ。
お風呂でキレイに洗ってブローしたあと写真を撮って
地元のフリーペーパーに「飼い主探しています」と載せて貰ったんだけど
飼い主は現れなかった。
首輪していたから絶対飼い犬だったと思うし、
首輪の特徴も明記しておいたんだけどね。
うちは今まで犬とか猫とか飼ったことなかったけど
じーちゃんがその犬に情が沸いちゃって、もうこのまま飼うかってことに。
名前もポチ(仮名)とつけて一家の一員になった。
このポチがやたらとクシャミをする。
風邪ってわけでもなさそうだけど、
忘れた頃に「ビシッ!」って感じの変なクシャミ。
不思議だったのは、そのタイミング。
うちのじーちゃんは、とにかくつまんないギャグを連発して
笑いを欲しがるジジイで、
家族はみんな面倒臭がってあまり相手にしてなかった。
(だがたまにヒットがあったww)
でもそんな時、じーちゃんのギャグのあとにポチが「ビシッ!」とクシャミをする。
「あかまきがみ あおまきがみ ちあみなおみ」「ビシッ!」
「痛いの痛いの屯田兵~」「ビシッ!」
とか、そんな感じ。(すみません、それぐらいのギャグしか覚えてない)
じーちゃんのギャグに対しての“つまらん”という突込みなのか
私たちの白けた空気の代弁なのか分からないけど
とにかく絶妙のタイミングだった。
昔「うしろの百太郎」という心霊漫画で、
“生類憐みの令があった江戸時代に犬を切り捨てて死罪になった男の生まれ変わり”
という設定の、言葉をしゃべるゼロという犬がいたけど
もしかしたら、そんな感じの何かの生まれ変わりなのか?と思ったりもした。
でもポチのクシャミのおかげで、少々ウザかったじーちゃんのギャグが
楽しくなったのも事実だった。
じーちゃんはポチをすごく可愛がってて
ポチが死んだときは、ばあちゃんが死んだときより落ち込んでた。
96 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/10/19(日)14:03:48 ID:???
>>95
いい話で胸が熱くなって感動していたら
最後の「ポチが死んだときは婆ちゃんが死んだ時より落ち込んでた」
このオチ笑ってお茶吹き出したわ 幸せなポチ 私も犬飼いたくなりました
97 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2014/10/19(日)17:14:55 ID:???
我が家はかつて猫を4匹飼っていた。

ある日夢の中で買っている黒猫が牛に変身する夢をみた。白地に黒ぶちのいかにもな牛。

数ヵ月後、近所で群れている子猫5匹を保護せざるを得なくなって
里親を探したりしたのだけど、どうしても二匹だけ飼い主が見つからず、
というか里親候補が出ては いろいろあってお断りしたり、
向こうから断られること数回。

里親探しをやったことがある人は判ると思いますが、結構あれも疲れるんです。
とうとう半年後、こちらが力尽きてその二匹はうちの猫になった。

どちらも白地に黒ぶちのまるで牛のような柄。

正夢だったのだろうか?

今は6匹の猫に囲まれて多分幸せなんだと思います。
98 : ミケ[] 投稿日:2014/10/20(月)21:42:19 ID:???
これから寒くなるしねこちゃん飼いたい。。。
一匹譲って下さいませ みゃ~
99名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/10/21(火)17:41:11 ID:???
子供の頃、長野県にある父の実家に冬休みになると遊びに行っていた。
近くに当時、天然のスケートリンクになる湖があって、
そこでスケートを教えて貰うのが楽しかった。
ごくたまにドーン!って轟音が響いて、それは氷に亀裂が入る音らしいんだが
従兄弟たちは全然平気そうだったけど、俺はそれだけは慣れなくて怖かった。
ある時、カーブで足をクロスさせる練習をしていたら
轟音が鳴り響き、ビックリしてひっくり返ってしまった。
従兄弟たちに笑われながら立ち上がろうと氷の上に両手をついたら
氷に自分の顔が映っている・・・・・・・・・と思ったら、その映った顔が俺じゃない。
そもそもスケートリンクの氷は透明じゃないし、鏡のように映ったりはしない。
しかもその顔は大人の女だ。
俺は当時は坊主頭にニット帽をかぶっていたが、そいつは長い髪を揺らしてた。
明らかに俺じゃない。
その俺じゃない顔の赤い唇が動いて何かしゃべった・・・ように見えた。
俺はパニックになって悲鳴を上げて小便漏らしながら震えた。
何事かと従兄弟や叔父たちが飛んできたけど、もうその顔はなかった。
起こったことを必死に訴えたが氷の加減が顔に見えたんだろうと笑って
誰も信じてくれなかった。
氷の何処に赤い色があるんだよ!と言っても気のせいだと。
以来怖くてその天然スケートリンクに降りることはしなかった。
なんとなくだけど、その湖の底には発見されていない他殺死体があるような気がする。
100 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/10/22(水)13:15:22 ID:???
>>99
まじ??
御願い…うそと言って
101名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2014/10/22(水)14:24:14 ID:???
>>99とは場所が違うけど、香川にある満濃池ってため池で
うちの親父が昔、池面に立つ女の幽霊を見たらしいが、
その後その池から他殺死体が出たらしい。
102 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/10/23(木)13:44:53 ID:???
うちの実家の近所の話なんだけど、山の中の村の近くにある会社が社宅を作り
スーパーができてきて村から町ぐらいに進化した新興住宅地だった。
俺も親がそこを買って家を建てて引っ越してきた転校生だったから、土地の事は今だによく知らないが
下の絵みたいに分譲された宅地だったんだけど

A 角地でお店をやっていたが火事で奥さんが焼死 現在更地
B 引っ越してきたときは両親と息子夫婦と子供の一家だったけど息子が仕事を辞め定職につかなくなり
嫁さんが子供置いて出ていき、次にきた嫁もすぐに出て行った。
C 土地を買った人が急に病気になったとかでずっと空き地
D 俺の同級生一家 引っ越してきて2ヶ月ぐらいにおかあさんが急死。そのまま祖父母宅に同級生兄弟は
預けられたんだけど、そのまま戻ってくることはなく、1年後には売りに出された。
買い取ったのが土木系の会社で寮として使っていたんだけど、頻繁に救急車が来る。
こちらの会社も1年後には売りにだして、その後20年近く空家。
E こちらも同級生の家だったんだけど、そこのおねえちゃんが中学生の時、夜中に突然全裸で窓を乗り越えようとしたり
(2階の窓で乗り越えたら地面に落下するしかないような窓)誰かが天井の角から見てるとか言い出したりしたらしいけど
学校ではごくごく普通の人だった。リスカとかもまったくしないし、自殺したかったようには見えなかったらしい。
FとIは親戚同士で始めは仲良し(旦那同士が兄弟)だったのに、ものすごい仲違いをして、連日塀を挟んで怒鳴りあっていたことがある。
もともと、地元の村の人だったみたいだ。
G ここの土地を買った人はよく知らないけど、ずっと空き地。店ができるとか聞いたけどできなかった。
H この家は20年の間に5回以上車が突っ込んで来ている。毎回門扉が壊れる程度だけど、なぜかこの家ばかりに突っ込む。

うちのオヤジが郷土史を調べたりしたけど、特に血なまぐさい話などは出てこなかった。
霊感ないけど、霊の関係とかあるのかな。とか思ってしまう。


http://open2ch.net/p/kankon-1396924406-102.png
103名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2014/10/23(木)19:57:13 ID:???
社会人になって初めての誕生日の前日、
会社の帰りに駅の改札を出たところで祖父に会った。
祖父は隣県に住んでて、その日うちに来るなんて聞いてなかったから
ビックリして「おじいちゃん、どうしたの?」って聞いたら
「時間が無いから歩きながら話そうか」って言われて
肩を並べて歩き始めた。
「おまえが就職した時にちゃんとお祝いしてなかったから
 お誕生日のお祝いと一緒くたにしてすまんの」と言いながら
リボンがついた細長い箱を貰った。
歩きながらだったから、その場で開けずに鞄の中にいれて
「ありがとう!」ってお礼を言ったら照れながら頭を掻いて
「じゃあ、急いで帰らんとばあさんが心配するから」って言って
Uターンして駅に向かった。
だったら駅で話せば良かったのにとか思いながら、ひとりで家に帰った。
帰宅したら母がバタバタしてて「あんたも一緒に来なさい!」って言われた。
おじいちゃんが危篤なんだそうだ。
うそ、さっき会ったばかりで元気だったから聞き間違いかと最初は思った。
でもそんな雰囲気じゃなくて、姉も一緒に急いで病院に行ったら
息を引き取ったあとだった。
さっき会ったおじいちゃんがあまりにも元気そうだったから
ずっと長い事入院してたの忘れてた。
なんだか夢を見てるような時間が過ぎて、お通夜の時に親戚たちと話してる時に
おじいちゃん、死ぬ前に会いに来てくれたんだって話をした。
その時にはもう、あのおじいちゃんが生霊か何かだったと気付いてた。
だって確かに入れたはずのプレゼントの包みがバッグから消えてたし。
その事も話した。
そしたらお葬式が終わったあと、おばあちゃんが
「これね、あんたの就職祝いにっておじいちゃんが買ってたんだけど
 なかなか渡す機会がなくてねえ」
って渡されたのが、おじいちゃんから貰ったのと全く同じ形、
同じ包装紙、同じリボンの箱だった。
目玉を後から押し出しちゃうんじゃないかってぐらい
ぶわっと一気に涙がでた。
「自分の手であんたに渡したかったのかねぇ」
っておばあちゃんも泣いてた。
箱の中は真珠のネックレスだった。
大人になったらひとつは持ってなきゃいけないって言って、
姉も就職した年に貰ったそうだ。
隣県なんて近いのに、もっともっとおじいちゃんのお見舞いに行けば良かった。
104 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/10/24(金)01:37:35 ID:???
>>101
まじ??
御願い・・・うそと言って
105 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/10/24(金)01:39:22 ID:???
>>103
怖すぎて目がさえた
御願い・・・うそと言って
106 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/10/24(金)08:20:58 ID:???
昔リラッ〇マのぬいぐるみと寝てた。自分の寝てる横にタオルたたんで置いてその上に寝かせてたんだよね、もちろんクマの上にも寝る前にタオルかけてた。
ある日クマを敷くタオルの上にうつぶせに置いたまま本読んでたんだよ…で、読み終わってさてタオルかけてあげなきゃなーと思い横をむいたらなぜか仰向けになって綺麗にタオルがかかってたんだよね
107 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2014/10/28(火)00:41:47 ID:???
>>103
遺族は後悔して自分を責めるものだけど
そこまでして貴方に会いにきてくれたおじいちゃんのために
おじいちゃんとの楽しかったことをいっぱい思い出してね
最後の贈り物は悲しい出来事じゃないよ
素敵なネックレス、良かったね
108 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/11/05(水)15:56:32 ID:???
旦那の実家では「今日は楽しかった、良い日だとかいうと死亡フラグ。だから言うな」
という言い伝えがあるらしい。
特に代々男がそういって死ぬらしい。

旦那の曽祖父は、戦時中に好物のおはぎが食べられなくなったことを寂しがったら、
ある日、砂糖の配給があった時、村の数人で「○○のじい様(曽祖父)におはぎを食わせてやろう」
というノリになり、サプライズでおはぎを作ってもらったらしい。

旦那曽祖父は喜んで喜んで食べ、寝る前も「今日は口をゆすがない。今日は良い日だった。本当に満足した」と
ケロリと言い伝えを忘れて言い、次の朝お嫁さんが起こしに行ったら、布団で亡くなってたそうだ。

私の息子は生まれてすぐ手術になって、「成功率は一桁」とか色々医者に悪いこと言われて
たのに、手術も上手くいって術後もどんどん回復して、家族と面会も出来るようになり、
息子の面会に来た義父が、息子に指を握られ「小さいのに凄い力だな。俺の元気吸ってもっと元気になれよ。
今日は手を洗えないなー良い日だなー」とケロリと言い、その日の晩に倒れて亡くなった。

書いてるうちに、言うから死ぬんじゃなくて、死ぬ前に言ってしまう因果なんじゃないかとも思ったが、
まあそういう感じで代々亡くなるらしい。

とりあえず旦那や息子には、言うな言うな長生きしろと念を押してる。
109 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2014/11/05(水)17:28:34 ID:???
イイハナシダナ-
110 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2014/11/05(水)23:42:01 ID:???
おばあちゃん子だった私。
祖母は癌で既に他界してしまったが、祖母の体調がおかしくなった時、私の愛用していた鞄が壊れた。
その時は、荷物も重かったので、重量オーバー?と思った反面、
「もしかしておばあちゃんに何かあった?」
とも思っていた。
テレビの見過ぎだよね、とその時は不安を打ち消した。
でも、本当はずっと不安だった。
結局それから暫くして、祖母の体調が急に悪くなったことが分かった。
それからはあっという間で、祖母は末期癌と申告され、余命もあと数ヶ月だった。
飛行機距離で飛行機代もめちゃくちゃ高く、すぐに会えず、結局最期の最期まで私は会えなかった。
今でも、あの時私が一言母に進言していれば、祖母の癌はもっと早い段階で見つかったんじゃないかって思う。
不思議というほど不思議でもないかもしれないが、ふと思い出したので。
111 : [sage] 投稿日:2014/11/06(木)20:58:02 ID:???
高校生の夏休みに、部活の仲間総勢7人で
田舎で独り暮らししている部員のおばあちゃんの家に
一週間泊まりに行ったことがある。
山の中の集落だけど、隣の家まで何百メートルなんていうほどでもなく
ポツポツとそこそこ家は建ってるところ。
合掌造りの大きな家が珍しくて、すごく楽しい合宿ごっこだった。
(世界遺産の場所じゃないよ)

でも、ひとつだけ不思議な体験をした。

その村には割と大きな川があって、川沿いに舗装された道路がある。
その坂を3キロぐらい上がって行ったところに開けた土地があって、
(そのおばあちゃんちの土地)
そこでトレーニングをしていた。
4日目、おばあちゃんが作ってくれる昼食のおにぎりを食べたあと
シートの上に寝転がって一休みしていたら急に辺りが暗くなってきて、
山の天気は変わりやすいって言うから下に降りようってことになった。
いつもはそこに行くのも帰るのもランニングだったけど
急に霧が出てきて、それがだんだん濃くなってきたから
7人が固まってゆっくり降りて行った。
そしたら知らないおじいさんと会って、そのおじいさんが
「霧が出てる時はこの道は危ないから、そこの橋を渡って一旦向う側の道を行きなさい。
川沿いに少し降りて行ったら又橋があるから、そこで元の道に戻ればよい」
って教えてくれたんだが、正直この道が何が危ないのかよく分からなかった。
でもそのおじいちゃんがジッと私たちを見ているので
言われた通りにしないといけない気がして、橋を渡って向う岸に行った。
112 : [sage] 投稿日:2014/11/06(木)20:58:21 ID:???
そして川に沿った道をゆっくり下って行ったけど、
歩けど歩けどもうひとつの橋ってのが無い。
“少し降りて行ったら”って言われたけど、
道はいつのまにか舗装された道じゃなくなってるし
どんどん狭くなっていくし、なんか怖くなって
元の橋まで戻ろうかってことになった。
ところが又もや歩けど歩けど渡ったはずの橋がない。
川を眺めながら歩いてるから見逃すはずがない。7人もいるのに。
あんまり広範囲に移動しちゃうと余計に分からなくなるからって
橋を探すのをやめて一ヶ所にジッとして
川向うに人か車が通るのを待ってたけど全然誰も通らなくて
時間だけがどんどん過ぎて夏だから日が長いはずなのに
だんだん薄暗くなってきて怖くてみんな泣きだして、
私も怖くて悲しくて泣きだしたらホッペをパンパン叩かれて目が覚めた。
普段夢なんてほとんど覚えてないのに、
何故か上に書いたみたいにはっきり覚えてたのも不思議なんだけど、
同じように眠ってうなされて頬を叩かれて起こされた子がふたりいて
彼女たちも全く同じ夢を見ていたらしい。
気味が悪くなって翌日と翌々日は私たち3人はそこには行かなかった。
他の4人は何も感じなかったらしいが。
その後特に害のようなものは無かったけど、不思議で怖い体験だった。
113 : 1[sage] 投稿日:2014/11/29(土)23:47:50 ID:???
霊感なんて全くない俺だけど、今まで二度霊に助けられたと確信してる。
一度目は子供の頃、道を歩いていると自殺した叔父に呼びかけられた。
叔父は優しい人で生前は俺たち兄弟を可愛がってくれてた。
叔父の姿は見えないけど曲がり角の先にいるのがはっきりとわかって、急いで角を曲がると
タッチの差で交通事故が起こって、さっきまで自分がいた場所に吹っ飛ばされた車がぶつかってきた。
普通に歩いてたら下敷きになってたし、当然曲がり角の先に叔父はいなかった。
1142[sage] 投稿日:2014/11/29(土)23:59:22 ID:???
二度目は大学生のときに、亡くなった飼い犬に助けられた。
俺の実家の二階の一角はたまにふすまや扉が少し開いて、隙間から誰かの手が見えることがあるんだけど
見えても無視するのが昔からの習わしだった。
でもある日手が俺を手招いてるのを見てしまって、つい手招きに応えて隙間に行こうとしたら
俺が中学生のときに天寿を全うした犬に吼えたてられて、びっくりして足を止めたら手も消えてた。
手に呼ばれたのはこの時だけ、俺以外に手招きされた人はいないらしい。
手招きに応じてあっちに行ったらやばかったんだと思う。
母に「コロタン(犬の名前)に感謝しなさい」って言われたよ。
115 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2014/11/30(日)13:55:30 ID:???
>>114
虹の橋で待ってるからね
いっぱい楽しい思い出作ってから
ゆっくりゆっくりこっちにおいでね

byコロタン
116 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2014/12/06(土)21:00:34 ID:???
今から10年ぐらい前に起きた不思議な話。

私が小さいころ、父が精神を病んでしまい家庭が崩壊。
ただ母は気丈な人で、殴られたり刺されそうになったのにもかかわらず
父を説得して入院させ、退院後は「薬をちゃんと飲むか」とか
「周りに迷惑をかけないか」とかの監視役として再構築をした。
ただ父が入院前に散々やらかしていたので
近所の目はとても冷たく、私や兄弟の人生は肩身の狭い思いをしてきた。
学校でもヒソヒソされて思春期は悲しかった思い出しか残っていない。
その後の私の人生は「父はいないもの」として過ごしてきた。
例えば結婚式は海外で二人だけで、とか。
誰かを呼ぶと必然的に呼ばなくてはいけなくなるから。
自分のテリトリーには絶対に入れないと決めていた。

そして月日は経ち、父が亡くなったことで
私は長い期間恨み続けることから解放された。性格も変わった。
本当は葬儀にも出たくなかったが、ケジメとして一応出た。
それから少しして、夢の中に父が出てきた。
「うわ~」と思ったが、父は何も言わないまま消えるように去って行った。
それと同時に目が覚めると私は枕がビッショリになるぐらい泣いていた。
数日後、母と話す機会があったので
「そういえばさ、この間お父さんが夢に出てきたんだよね」と話すと母が
「その日はお父さんの四十九日よ」と言った瞬間
病む前はすごく可愛がってくれていたのを思い出し、また泣いた。
117 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2014/12/07(日)01:40:21 ID:???
何か切なくなった・・・
年末だし時間つくって両親に会いに行くかな
118 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/12/08(月)10:52:08 ID:???
大学時代、友人Aの彼氏Bが一人暮らしを始めることになって
みんなで引っ越しの手伝いをした。
6階建ての5階、1DKの部屋なので、引っ越しはアッと言う間に終わった。
ベランダの向こうは高い建物が全くなくて一戸建ての住宅地が広がっているので
覗かれることもないしってことでカーテンは付けてなかった。
まぁいずれは付けるけど急ぐこともないって感じ。
夜10時頃まで引っ越し祝いにその部屋で飲み会やって解散した。
AはこれからはBの部屋に泊まったりするのを楽しみにしてたらしいが
部屋に入れてくれたのはその後1回だけで、半月もすると外で会おうとばかり言うし
部屋には全く入れてくれないらしい。
そのくせ夜遅くまで付き合わされてホテルに連れていかれることもあって
ホテルに行くわりには何もなく朝まで寝てることもあったらしい。
なんか余所余所しいし、部屋に入れてくれないってのが引っかかって
他に好きな女でも出来たんじゃないか、浮気してるんじゃないかって悩んでた。
それでAと私と私の彼Cの3人で夜9時頃Bの部屋に突撃したのが
Bが引っ越して2カ月ぐらい経った頃。
そしたらB、玄関の靴を脱いで上がった所の狭いスペースに布団を敷いてあって、
私たちを迎え入れるとその布団の上にへたりこんだ。
なんか只事じゃないと思ってBを近くのファミレスに引っ張って行って話を聞いたら
引っ越した翌々日の夜、テレビを見ていたら(テレビは窓際に設置)
Bの部屋のベランダのすぐ向うを人が落ちて行ったって。そしてドサッて重いものが落ちた音も聞こえた。
飛び降りだ!と思ってビックリしてベランダに出て下を見たら誰も落ちてない。
確かに人に見えたのにって思ったけど、何も落ちてないってことは何かの見間違えだったのかと
釈然としないけどそう思うしかなかった。
が、それから一週間後に又人が落ちるのを見た。音も聞こえた。
恐る恐る覗いてみたけどやっぱり何もない。
2回も同じ見間違いをするのは変だし、翌朝真下に行って調べてみたけど何も落ちていない。
変だなーと思って見上げたら、屋上の辺りから誰かが見下ろしてて
6階だから結構距離があるのに、ニヤリと笑ったのが分かったって。
その笑ったやつと目が合ったのが無茶苦茶怖くて、すぐにカーテン買いに行って取り付けた。
で、ずっとカーテン閉めっぱなしにしてた。
なのにカーテンを付けた翌々日の夜、カーテン閉めてるのに人が落ちるのが見えたって言うんだ。
話を聞いててなんか意味不明だったけど、確かにカーテンしてるのに人が落ちるのが見えたって言う。
それからもう怖くなって、リビングへのドアも閉めて、玄関で生活してたらしい。
大学出るまでは寮暮らしでいいって親に反対されたのを無視して始めた一人暮らしだったし
引っ越ししたくてもお金もないしってことでどうしていいか分からなかったって涙ぐんでた。
それでみんなでバイトしてお金貯めて引っ越すまで私の先輩の彼氏のアパートに居候させてもらってた。
お金が貯まって引っ越すときは大勢で一気に荷物を引きあげたけど、
私もAも何も変なものは見たり聞いたりしなかったが
後輩のひとりだけが「なんか気味が悪い部屋だった」と言ってた。
「特に何がどうってわけじゃないし、霊感があるわけでもないけど
あの部屋に入った瞬間にサブイボが出た」とか言ってて。
119 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2014/12/12(金)05:59:53 ID:???
2ヶ月に1回程の割合で、100円以内の小銭を拾う。
硬貨2~3枚とかで拾う事が多い。

先日、10円が落ちていたので拾おうとしたら、そばに1円も落ちていた。
11円拾った。

思えば小5の時に、ソフトボールで外野を守っている途中、フライボールに追いつけずこけた場所で52円を見つけた事から始まっている気がする。
その後は地元が田舎だったため、中学より自転車通学が始まり、ペダル漕ぎ生活のまま就職で上京。
それから徒歩生活になって、また複数枚小銭を拾うようになった。

100円以上になることはほぼない。
8円とか20円とか本当に細かいお金。
家計簿に不明金が付くのがいやなので、拾った小銭は全部コンビニの募金箱に落としている。
都会は少し歩けばコンビニに当たるのでお金も拾いやすい。
120 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2014/12/17(水)21:38:15 ID:???
語り部さん、運営や運営をサポートするスタッフさんを募集しています。
興味のある方は【http://toro.open2ch.net/test/read.cgi/occult/1417176452/】まで。
質問、御意見も大歓迎です。皆々様ふるってご参加くださいませ。

http://imgur.com/Rn3bjS1.jpg
121 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/01/02(金)01:03:32 ID:???
先日、自家用車(ワンボックス)のフロントガラスに2つ、小さな子供の手形が
ついてた。運転席側の右上あたりに。それも内側から。ありえない角度で。
同じ手形をつけるには子供がインパネに寝転がってバンザイした格好でないと無理。
小学2年の娘はいるけど絶対に娘の仕業じゃない。手形の方が一回り小さい。別人。

122 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/01/02(金)10:34:42 ID:???
小さい頃、高さ2メートルくらいの所から落ちそうになった。
落ちたくないから両手をぶん回したりして何とかバランスをとろうとあがいていたが、
もう無理だ……となり、落ちる覚悟をした。
そうしたら右足が自然に斜め前に出て、そこにちょうど出っ張った地面(コンクリート製)があった。
地面を踏めたことで反動が起き、落ちるのは防げた。
数日後、落ちそうになった場所を見てみると自分を助けてくれた地 い 面の出っ張りが無くなっていた。
コンクリート製だから自然と消えることも無いと思うのに。
小さい頃の話だから何か勘違しているのかもだけど、自分の中の少し不思議だった経験。
123 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/01/03(土)02:18:08 ID:???
昭和40年台ぐらいの頃の記憶。

当時、母親は軽自動車に乗ってたんだが、ある日の夕方、映画のミストみたいな感じの
すごい濃霧が出てて、田舎の田んぼ道で路肩に車輪落として立ち往生してしまった。
その時車には俺と妹が乗ってた。

その当時にはJAFなんか無いので、誰かに助けを求めるしかなくて母も途方にくれてた
んだけど、霧の中から自転車に乗ってランニング姿の爺さんが出てきて、何やら母と
話してたんだけど、その爺さんが車の端っこをよっこいしょ!的な感じで持ち上げて
車道に戻してくれたんだ。

俺と妹は、わーおじさんすごいありがとうと車内から歓声あげて、母も何度もその
爺さんに頭下げてた。その爺さんはまた霧の中に戻っていった。

当時は気が付かなかったんだけど、その爺さんはおそらく人間じゃない。
1t近くあるような物を持ち上げられる人間なんか居ないよ。

この時の話は母も妹も記憶にあると言ってるので、夢じゃない。
124 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/01/13(火)22:32:18 ID:???
5年前、結婚式の席次表を作った
叔父A夫妻と叔父B夫妻を1つのテーブルにまとめたんだが
叔父Aの名前が亡くなった父の名前にすり替わっていた
亡くなった父の名前を式場スタッフに言ったことはない
亡くなった父と叔父Aの名前は読みも字の形も全く違い、間違えようがない

母と夫と私の間では「父さん、よっぽど式に出たかったんだね」ということで落ち着いた

その後まもなく叔父Aは病死したが、式のときからもう病気だったので
それはオカルトではないと思う
125 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/01/18(日)11:58:45 ID:???
私の両親は毒親というか父親は飲んだくれのギャンブル好きで家に金を入れず、母は父親が駄目でも離婚する意気地もなく
デモデモダッテで私が物心つく頃から家庭は崩壊気味だった。

詳細は毒親スレなんかにもかいたことがあるから省略

私が子供の頃、父方の祖父母が父に名前が悪いから改名しなさいと勧めてきたことがあったという
その時代には普通の名前だったのだが、画数が悪いとかなんとか。
例えば 勝(まさる・仮名)を真治(しんじ・同じく仮名)みたいな感じで。

父方の祖父母はそういう験担ぎとか宗教とかをする人ではないのでそのときだけなんでだろうと
不思議に思っていた。

中高生になって一通りオカルトちっくなものとか占いとかにもはまって、あるとき自分の名前とか家族の
名前で画数占いをやったら、これがなんと全員最悪。
総画数でこんな感じ
父:挫折が多い人生で何一つやり遂げることなく早世する。
母:配偶者に早く死なれる、お金の苦労をする
私:努力が空回りして成功できない
弟:挫折が多く人生で成功できない

もちろん占いをすべて信じるつもりはないが、父方の祖父母が持ってきた名前で総画を見ると
これが全く間逆の非常にいい画数だった。

結局父は占いどおりというか、周りに迷惑を掛け捲って死んだし、こっちは貧乏で散々苦労した。

あの時、祖父母がなんで改名をと突然言ってきたのかは判らない。息子の家庭が荒れ果てているので
どっかに拝みに行くか見てもらうかしたのかもしれない。
126 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/01/18(日)12:27:30 ID:???
125の続き

もちろん現在も名前占いのようなものを100%信じているわけではない。
ただ、似たようなことが他にもあった。ある程度霊感があるという近所の僧侶から 普段の心がけを
改めたほうがいいですよと遠回しに言われるとかみたいな。

子供の頃は私の両親は周りに現れているいろんな警告(近所の人のさりげない注意や、親戚からの助言)を
なぜ読み取れないのか不思議だったのだけど多分そういうのがまったく見えない、聞こえない人だったらしい。

両親はすべてにおいて「傲慢」だったのだと思う。自分が一番、自分が正しい。他人のことなんか知ったこっちゃない
そういう生活態度がめぐりめぐって職場でも孤立、近所からも孤立、助言をする人がいても
頭から否定して聞かないから誰も何も言わなくなる。

ある程度歳を重ねて経験をつむと、自分だけで何かをやれているわけでもなく まわりからささえられていると
見えてくることもあり、神信心もそうですが、人に何かやれることとか感謝をすることを覚えると思うのだけど
そういうことが一切ない。

だから思春期に父がなくなって怒涛のような窮乏生活になったのだけど、子供ながらに ああ、くるべきものが来たわと
淡々と受け止めていた。

127 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/01/20(火)01:24:30 ID:???
5歳ぐらいだったと思う。
俺の父親は出張の多い仕事で家を空けることが多かった。
母親が何かの病気で手術することになって、
その間、一ヶ月ぐらい祖父母の家に預けられていたことがあった。
祖父母の家は政令指定都市だが中央から離れてて、
まだ周囲には田んぼが残ったようなところの住宅地。
割と直ぐに同じような年頃の友達が出来て、近所の公園でよく遊んでた。
ある日いつものように公園に行ったら、何故かその日は誰もいなくて
まあそのうち誰か来るだろうと、ひとりでブランコ漕いで遊んでた。
そしたら同じぐらいの男の子がやってきて、その子・A君もひとりだったから
一緒に靴飛ばし( 立ち漕ぎしながら靴を遠くに飛ばしたもん勝ちって遊び)してて
そしたらA君の靴が垣根の向こうに行って、探しても見つからない。
なので家に帰るけど、すぐ近くだから俺君もおいでよって言われて一緒に付いて行った。
そこは5階建てか6階建てか忘れたけど、それぐらいの古い団地だった。
エレベーターがなくて階段で競争しながら駆け上がって行った。
最上階のA君の家に入ったあと、ベランダに出て町を見渡して
「あそこがさっきの公園」って教えて貰った。
回りは一戸建てばかりだったからすぐ分かって、
その公園から目で辿って祖父母の家も見つけた。
俺んちは一戸建てだったし、祖父母の家も一戸建てだったから
団地 とかすごく珍しくて面白かった。
その日はそれだけだったけど、今度来た時は屋上に連れてってあげるよって言われて
なんかワクワクして楽しみにしてたけど、結局その後A君と会う事はなく
父が迎えに来る日を翌日に控えた夜のこと。
祖父母とごはんを食べながら、A君との約束の話をしたら
祖父母ともに首を傾げていた。
この近くに団地なんかないって言うんだ。
あったってば。自分の足で階段駆け上がったし。
ベランダからの光景も目に焼き付いてるし。
でも翌朝、父が来るまでの間に祖父と散歩しながら近隣を探したけど
本当に一戸建てか2階建てのアパートしかなかった。
そんなはずない!と思って、なんだか説明で きないような感情が襲ってきて
わーわー泣いてた。
でも結局父が迎えてきて、母が元気になったよって言われたら嬉しくて
そんなことはすっかり忘れてた。
中学に入った年に祖母が亡くなり、そのお通夜の時に何故か急にそのことを思い出して
祖父に本当に団地に上ってベランダから町を眺めたのにって話したら
祖父もその時のこと覚えてて、実際のところどうなのか分からないし
怖がるといけないと思って黙ってたけど、団地はあったらしい。
ただし、その2年も前に取り壊されていた。
団地というか、ある会社の社宅だったそうだ。
その社宅で何があったのか分からないけど、取り壊しになったあと
しばらく少年の霊が出る という噂話はあったらしい。
だけどその話を聞いても俺は何故か“怖い”と言う感情にはならなかった。
A君との思い出は現実だったのか夢だったのか分からないが、
俺に兄弟がいないせいか、すごく楽しくて今思い出しても
ベランダから見た光景もA君の笑顔もキラキラしてるんだよなぁ。
だからもう思い出の一つとして残しておくことにした。
128 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/01/30(金)16:23:14 ID:???
去年か一昨年くらいの話。
お昼休みに電話がかかって来て、見覚えのない番号だったんで訝しがりながらも出たら母方の祖母だった。
いつもは携帯でかけてくるから不思議に思ったが、電池が切れているんだろうという事で普通に話してた。
そのうち私の住んでるところに遊びに行きたいと言っていたので、了承して日にちが空いたらまた連絡すると言って切った。
後日祖母の携帯にメールしてみると、そんな電話はしていないという。
不思議に思ってかかってきた電話番号をメールして送ると、母の実家だった。
しかし母の実家は祖母が別居し祖父が施設に入った今誰もいない。
祖母によれば亡くなった曾祖母ではないかという事だった。
曾祖母は私に会いたがっていたらしいが、祖父に会わせるのを避けた母は曾祖母に私を一度も見せる事はなかったので、
会いたくて電話したんだろうなあ。

それ以来電話はかかってきていないが、ある時一人で映画を見に行ったら、
誰もいないのに隣に誰かが座っていたような感覚があった。映画が終わるとそれは消えていた。
今でも隣に座ってたのは曾祖母だと思っている。
129 : 1/3[sage] 投稿日:2015/02/03(火)12:31:15 ID:???
<< 転載厳禁 >>



昨年の終わり頃、元カレが亡くなった。

元カレは短い期間だったけど、16歳の時に付き合ってた初カレだった。
当時高校生だった私には、大学生の元カレが大人に見えて大好きだったけど、突然別れを告げられた。
理由はかなり微妙な内容だったけど、世間知らずのバカ高生だったからそんなものだと泣く泣く別れた。
少しは世間を知ったとき遊ばれてたと思い、元カレとの思い出は黒歴史になってた。

それから数年経った一昨年、元カレと再会することになった。
知人にオススメされた喫茶店を気に入って私も常連になり、
古参の常連さんとも馴染んだ頃、ちょこちょこ元カレと同姓同名の常連さんが話題に上がるようになった。
救いようのないバカで全く空気が読めない(好意的な意味も込めて)残念な常連がいるって感じで。
その日もそんな話をしてたらご本人様ご登場!お互い固まった。
女性連れの元カレを見たのも地味にショックだったけど、
大人だと思ってた元カレが弄られキャラの恋愛ダメダメ人間だったことが何より衝撃だった。
元カレは彼女と長く続かないらしく、同じ女性と一緒にいるところを見たことないらしい。
(大袈裟に言ってるだけかもしれないけど、確かに一緒に来店した女性をその後見掛けることはなかった。)
その日をきっかけに時々喫茶店で鉢合わせすることがあったけど“気が合わない常連”て感じで
お互い少し距離を置いて生活してた。
130 : 2/3[sage] 投稿日:2015/02/03(火)12:32:09 ID:???
それから数ヵ月後、元カレが倒れて入院した。
なんか元々持病があるらしく、それが悪化したらしいと小耳に挟んだ。
その時は2ヶ月弱で退院し、常連から入退院について弄られまくってた。
私も「大変ですね」と当たり障りのないことだけ言ったら
「こんなんだから昔っから彼女と長く続かなくて~wwwww」
と彼氏は自嘲してみんなから色々突っ込まれてた。
それから間もなくまた倒れて入院したけど短期間で退院。
(今となっては)身辺整理をしてまた入院した。

周囲はまたすぐ退院するだろうと思って放置。
元カレはFacebookで色んな人のタイムラインに
「俺も食べたい!持ってきて!」
「いいなー珈琲テイクアウトしてきてよー!」
と絡んでたけど、皆退院祝いにしてやるって返事してた。
「なんかおかしくない?会いに行ってみた方がいいんじゃない?」
と聞くも、皆口を揃えて
「アイツはよく入院してるんだよ、すぐにケロッとした顔で戻ってくるから」
となんだかんだお見舞いには行かなかった。

秋の終わりに元カレが誕生日のタイムラインを書いた。死相が出た顔写真付きで。
誕生日の前日から面会謝絶になったらしい。
そこから皆大慌て。
「来年は皆で盛大に祝おう!」とか、それなんて死亡フラグ?なコメントが溢れてて悲しくなった。
お気楽に構えてた人達の中から代表で2人病院へ行き、御家族との連絡役になった。
時々元カレをネタにタイムラインやブログを書く人が出てきた。
喫茶店でも元カレの思い出話が繰り広げられる。
そこで元カレが生まれつき病気を抱えていることを知った。
時々テレビで募金を呼び掛ける姿が取り上げられるような移植が必要な病気。
(幸い元カレは軽度だったみたい。死因は別の病気。)
持病や家庭環境に問題があり、元カレは女性関係を上手く築けなかったらしい。
131 : 3/3[] 投稿日:2015/02/03(火)12:42:34 ID:???
ここにこれを書いたのは、縁って不思議だなって思ったから。

もし元カレと再会してなかったら、私は今でも元カレを黒歴史にして許せていなかったと思う。
もし私が喫茶店に慣れる前に元カレと再会してたら、喫茶店通い自体していなかったと思う。
そしたらやっぱり私は今でも元カレを黒歴史にして許せていないと思う。
そもそも喫茶店へ行かなかったら、私がこんなに元カレを消化出来ていなかったことに気付けなかったし、
元カレと本当の意味でお別れを出来なかったんだなって思った。

他にも許せなかった人がいたけど、その人もその人なりに色々抱えてて理不尽なことをされたんだと思えば
そのうち許せるようになるのかなと思えた出来事でした。
132 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/02/03(火)12:43:11 ID:???
ごめん、最後下げ忘れてたorz
133 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/02/03(火)19:52:15 ID:???
わざわざオープンにきて転載厳禁の理由が気になる
134 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/02/03(火)20:51:01 ID:???
吐き出したいけど二次利用されたくないって気持ちも分からないとは可哀想だな
135 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/02/03(火)21:28:23 ID:???
特に不思議でもないしね。
136 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/02/03(火)22:20:25 ID:???
ブログでやれ
137 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/02/16(月)22:18:14 ID:???
めっちゃまとめられとるやん
138 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/02/16(月)22:48:07 ID:???
改変も自由だしね
139 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/02/17(火)03:34:34 ID:???
専用の板があるんだからケンモーに書き込めばいいのに
140 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/02/17(火)10:49:45 ID:???
おーぷん2ちゃんねるの投稿は著作権を放棄しパブリックドメインとして公開しています。
まとめブログやウェブサイト上で自由に転載・創作を行えます。

って書いてあるのにね・・・
141 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/02/18(水)17:22:06 ID:???
>>14
そんなありがたい状況でなぜ閉めるのか
ずっと見て頂けよ
142 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/02/27(金)10:09:28 ID:???
亡くなった友人から聞いた話。

友人はつい最近、癌で闘病も虚しく亡くなってしまった。
亡くなる数年前、その頃は健康でなんともなかったのだけど
急にばたばたと保険に入ったり身の回りを片付けたりしていた。

その一年後 何かの検査で癌が見つかって、そのときは早期発見で、簡単な手術で済んだし
友人もすぐに仕事に復帰して元気に過ごしていたのだけど、それから2-3年してまた癌、
入院→退院→復帰→転移を発見→入院の繰り返しになって、そのサイクルがどんどん短く
なっていった。

会社も辞めざるを得なくなってしまったのだが、生活大丈夫?っと思って聞いたら、

上記の身の回りを整理していたときに、病気で働けなくなった場合の給与を保障する保険とかに
入っていたので、勤めていたときのほぼ全額を毎月もらえるので大丈夫だと言っていた。
さらに保険も、今CMでやっているアヒルとか、数社に入っていたので、闘病資金も余裕だって。

亡くなる1年前まではお見舞いも受けてくれたので
(その後症状が重くなってからは家族からお見舞いは控えてほしいと言われた)

最後に会ったときに、「保険とかちゃんと入ってて良かったね。安心して闘病できるね」ということを言ったら
友人いわく、

あのとき(数年前)夢で自分が病気になる夢をみて、それから何か予感のようなものがして
自分がもう長くないというのが見えるような気がした。
明確に未来が見えたということではないのだけど、いつも誰かから、もう時間がない、準備をしろって
声を掛けられているようで、気になって身辺整理とかもしたし、家族が困らないように保険とかも
入った。

普段は決してオカルト的なことを言わない人がいきなりそんなことを言ったのには驚いた
143 : 142[sage] 投稿日:2015/02/27(金)10:21:04 ID:???
すいません 長くなった。

そのときはまだ笑いあう余裕がお互いあったから

私が 「何言っているの、まるで霊感があるみたいじゃない」と言ったら、
友人いわく、 「いや、霊感じゃない。そういうものは見えないし。でもうまくいえないけど、
先が見えるような気がしたしなんとなく感じたことが実際に起こるようになることが
40歳を超えたあたりから増えてきてね。
多分身の始末をきれいにつけろということなんだと思うけど、その声のようなものに従っていろいろ準備した」
「見えてくるとしかいい様がないけど、見えちゃうんだよな」

本当に友人は宗教もオカルト的なことも一切関係ないという人だったので、こんなこと言うのは初めてだった。

そして友人が死期を覚悟していたのでいろんな手続きも生前にほぼ完璧にやっていて、残された家族は
あたふたすることはなかったのだけど、友人のあの言葉はなんだったんだろう。

こんなことってあるんだろうか。
144 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/02/28(土)11:42:34 ID:???
中学2年の3学期のこと。学校で模試があった。
全部で5教科なんだけど、3教科目の途中で気分が悪くなり、
保健室に行ったら熱があったので、残り2教科を受けることなく早退した。

後日、模試の結果が返ってきたんだけど、なぜか受けていないはずの2教科の点が付いてた。
早退したことは担任も保健医も親も知っているのに誰も何も言わない。
自分は絶対に3教科しか受けていない。しかし解答用紙は間違いなく自分の字だ。
今でもわからない。模試を受けたのは誰なのか。いや、早退したのが自分ではないのか。わからない。
145 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/02/28(土)12:31:56 ID:???
早退したのも模試の成績を受け取ったのも今が2015年なのも全部夢やで。
はよ目さましてお家帰りー。
今はまだ中学2年の3学期で、あんさんは試験当日の保健室で眠ってるんやで。
146 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/02/28(土)15:19:42 ID:???
友人Aがちょっと不思議な力というか能力というかがある。
それは、知り合いが「悪い方向に行くのを止める」「いい方向に背中を押す」能力。
例を挙げると
・Aといるときに限って悩みに対する回答、解決のヒントが降ってくる
・たまたまAの用事で寄り道したが、本来の予定だとトラブルに巻き込まれていた
とかだいたいそんな感じ。

自分自身、二番目のパターンは経験してて
自宅の近所のコンビニで買い物して帰ろうと思ったらAが腹痛で手近な他のコンビニでトイレ借りる
→トイレ借りただけもなんなのでそのコンビニで買い物して帰宅
→近所のコンビニに車突っ込んでた、最初の予定だと多分巻き込まれてた

似たような話がA周辺からごろごろ出てくる。
職場イジメにあってもう辞めようか悩んでる時にAと飲みに行ったら、
飲み屋に偶然上司がいて話聞いてくれて解決へ、とか。
資格試験の時、悪あがきでAと最後に見た参考書の見開きがほぼそのまんま出て三点差で合格、とか。
書ききれない。

偶然ばっかなんだけど、ここまで一人のやつに絡まってそういことがあると
さすがになんかあるんじゃねってなる。
ついたあだ名が「わらし」。いるだけでいいことあるから座敷童じゃねこいつってことで。
147 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/02/28(土)18:46:13 ID:???
学校の下駄箱に靴を脱ぐと何故かなくなっている。
きっと靴が暇だからどこかへ遊びに行ったのだろう。

148 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/03/02(月)03:55:13 ID:???
去年の出来事。
TSUTAYAで「本当にあった呪いのビデオ」を借りたんだけど、不良品で何回再生しても途中で止まってしまい、お店で研磨してもらってもダメだったので返却した。

返却した翌日なんだけど、母親が、テレビのDVDデッキがおかしくて困っていると話してきた。
母が私に、「昨日返してたDVDに、何かスタジオみたいな部屋の壁際にソファーが置いてあるシーンなかった?」と聞いてきたんだけど、
確かにそういうシーンがあって、毎回再生が止まっていたのが確かその辺りだった。

そのシーンは「死返し(まかるがえし)」という回のワンシーンで、ビデオの投稿者が友人と水族館で互いを撮影し合っていた時の映像が、
途中からスタジオみたいな部屋の映像に切り替わって、その鏡張りの壁際に置かれたソファーに友人が座ってて、
友人の肩ごしに、鏡の中に不気味な老婆が現れるというものだった。

スタッフが調査でそのスタジオと、くだんのソファーを見つけたシーンで毎回DVDが止まっていたんだけど、
母が言うには私がDVDを返却した後から、デッキのHDDに保存してある録画番組を見ようとすると、
何故かどの録画番組も最初の数秒でフリーズした後、突然そのまかるがえしの再生が止まったシーンがパッと出てきて、
その後一切の操作がきかなくなるという現象が起きているらしい。

DVDは間違いなくデッキから取り出して返却したからDVDの映像が再生されるはずがないし、
デッキのメーカーに問い合わせても原因不明で、結局何回かデッキをリセットしたら直ったけど、
その現象の原因は未だに分からない。
149 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/03/03(火)21:11:19 ID:???
本当にあった呪いのビデオの死返しはみちゃダメだよ。あれ除霊仕切れてない。あのおばーちゃんの念が残ってるから、リングみたいな感じで呪いの連鎖が続いてる。2人死んでる。

てかあれ狙われるとまじで狙われた人の後ろから電話越しにゴニョゴニョ呪文聴こえるし気味が悪い。
150名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/03/03(火)21:17:29 ID:???
本当にあった呪いのビデオの死返しはみちゃダメだよ。あれ除霊仕切れてない。おばーさんの念が残ってるから、まだリングみたいな感じで呪いの連鎖が続いてる。2人死んでる。

あれ狙われると、狙われた人と電話すると後ろからゴニョゴニョ呪文が聞こえて来てマジ気味が悪い。

おばーさんの呪いを最初に狙われた派遣モデルが引き継いじゃってたんだよ。今日消しといたけど、多分おばーさんの念は残ってるから、霊感ある人は見ちゃダメだからね。
151 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/03/04(水)09:54:58 ID:???
>>150

ひょっとして本気で言ってる?
152 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/03/04(水)19:43:50 ID:???
本気だよー。まあ普通じゃ信じてもらえないの当たり前だから信じて貰えなくもしょーがないけど。

ばーさんはもう誰かの体乗っ取って普通に生活してるはずなのに、ビデオ見たら出て来ちゃったから相当の念だねありゃ。

体乗っ取られたくない人は見ない方がいいよ。
153名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/03/04(水)19:50:55 ID:???
あーでも乗っ取られるのは基本同性の女だから、男の人は見ても大丈夫かも!
154 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/03/04(水)20:08:27 ID:???
>>153
自分女だが、ほん呪は好きだし死返しもがっつり見たよ。
だが、なんもないよ。
あのシリーズの警告ビデオも普通に見てる。
中には本物もあると聞くが、少なくとも自分には何も霊障はない。
やらせだ何だと言うつもりはないが(楽しんで見てるし)、
あれで影響受けてたら、日本中至るところで被害が出ると思うよ。
155名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/03/04(水)21:13:27 ID:???
お化けとも相性ってのがあるから。霊感があるのに避けたり対抗出来る力が無い人は狙われやすい。先祖とか力の強い後ろ盾が無い人、あと心の弱い人。元気ハツラツで、お化けなんているわけないじゃん!馬鹿馬鹿しい!って思ってる人は基本大丈夫。

被害は出てるよ。でも気づかれないだけ。乗っ取りなんてよくあるけど、余りにも自然だから誰も気づかない。
156 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/03/04(水)21:31:40 ID:???
>>155
被害が出てるの?
ほん呪シリーズはゴールデンタイムでも普通にテレビで流れたりしてるが、
自分は聞いたことがない。
取り立てて心が強い訳じゃないし、守護霊については知りようもないが、
お化けなんているわけない!なんて、思ってる訳でもない。
むしろ、取り憑かれやすいと言われていた。自称霊能者が、自分を見て逃げ出したこともある。
無縁仏の多い墓地に行った帰りなんかね。(先祖の墓があった。)
157名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/03/04(水)21:56:40 ID:???
派遣モデルが道連れにした人数は2人ね。
てかcs放送でやってるらしいね。恐ろしいllllll(-ω-;)llllll

こーんな雲の上の話ほとんどの人は信じないから、信じて心霊ものは見ないようにするか、信じないで面白いからみ続けるかはそんなの自由だよ。
158 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/03/04(水)21:57:29 ID:???
みちゃだめだよとか、いっときながら自由だよとか言ってごめんね!
159 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/03/04(水)22:20:46 ID:???
>>157
謝らんでもいいよ。
心配してのことだろうし。

つか、ビデオで謳ってる人以外で被害にあった人を知ってるの?
信じれば霊障を受けて、信じなければ受けないってほど、呪いって曖昧なものなの?
160 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/03/05(木)03:06:21 ID:???
んとね、ばーさんの被害にあった人はわからない。てかばーさんの目的は体の乗っ取りだったんだけど、もう乗っ取って生活してるのに、何で出てきたのよと。

推測するにあまりにも念が強すぎてそれが残ってるとしか思えないけど。

分かりやすく呪いって言ったけど、呪いじゃなくて、なんつーんだろ、ばーさんの残り香??w

とにかく心に隙があったり、心が汚れてると取り憑かれやすいし、乗っ取りの対象になり易いよ。死にたいとかもうダメだとか卑屈なことばかり言ってる人はアウトだね。
161 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/03/05(木)03:09:58 ID:???
今世ではダメ人間だけど、前世がめっちゃ凄い人だったとかいうパターンもあるからそういう人はラッキーだよね。魂が強いから霊を跳ね除ける。
162 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/03/05(木)09:29:31 ID:???
俺の前世、フランスの貧農だったらしいんだ。
せっかくフランスに生まれたのに、どこまで残念だ
163 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/03/05(木)20:16:15 ID:???
起こったってか今でもなんだけど、
実家の私の部屋で寝ていると
必ず押し入れから他の誰かの寝息が聞こえる。

最初聞こえたときは小学校高学年のときで、
誰だよドラえもんかよwwとか思いながら
その押し入れを開けたが、
まぁ布団やら衣装ケースやらしかない。
押し入れ側にある部屋からか?とも思ったけど
そこは茶の間で、夜は誰もいない。
兄は違う階で寝ているし父母はかなり遠い部屋。

夜の部屋で常に、というわけではなく、
勉強しているときは聞こえなかった。
布団に入っているときだけ聞こえてくる。
自分の寝息なんじゃないかと思って
息を止めてみるが、聞こえる。
寝息のような別の音かとも思ったが、
10年ちょっと聞き続けてみてやっぱりどう聞いても寝息。

よくわからないのでずっと放置しているが、
二十歳になり家を出るその日にも聞こえていたし、
実家に帰ってその部屋で寝れば聞こえる。
この部屋以外で寝るときに聞こえたことはない。

うーん、謎だ。
164 : ミミ[] 投稿日:2015/03/06(金)14:33:21 ID:???
登録していた占いサイトのセンセイ達10人くらいから一斉にメールがあって、「今日の金運な驚異的」というような内容だった。
さっき父から亡くなった母の遺産分けだ、と600万円振り込まれた。
165名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/03/06(金)18:02:37 ID:???
数年前、介護施設で働いてた
夜中にとあるお爺さんが、
「お婆さん亡くなったの?」
と言い出した

数日前にそのお婆さんに会っていて、その時は元気だった
だから、寝ぼけてるのかと思い、

「お婆さんは大丈夫ですよ」

と、声をかけても何度も繰り返してくる
仕方がないので、

「明日家族の方に連絡してみましょう」

と、宥めてどうにか寝かしつけた
休み明けに仕事に行くと、
「○○さんのお婆さん、亡くなったらしいよ」
と同僚から……
詳しく話を聞くと、お爺さんが「亡くなったの?」と聞いた夜にお亡くなりになったとのこと
あの時、携帯を持ってなかったお爺さんがなぜ知っていたのか……
介助なしでは動けない人だったから、連絡を取るのは不可能だった
やっぱり虫の知らせってあるんだろうか……
166 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/03/06(金)21:40:49 ID:???
あると思うよ虫の知らせ
壊れないはずの物が壊れて所有者に聞こうとしたら壊れた時間帯に行きを引き取ってたことある
167 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/03/06(金)22:09:28 ID:???
自分は危篤の知らせを受けると、その人がまだ持ち直すのか死んでしまうのか、わかることが続いた。
ああ、ダメだ…と思うともうダメだった。(離れていても)
十代から二十歳前後まで限定だったけど。
168 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/03/07(土)19:25:45 ID:???
>>
DVD見ていて画面が止まったりするのはよくある話し。
俺も近所のレンタルショップのDVDがしょっちゅう止まるし、
中国に言ったとき買ったビデオCDも再生中にブロックノイズが出たりして、
読み取りの部品が調子悪くなる。
取り出したDVDの映像が出るのは解らないが、キャッシュ部分に残っているんじゃないか?
カメラの一眼レフのように読み込んだデータをそのまま通しているわけではないんだから。
そもそも“キャッシュ機能”てのが、CDプレーヤーの“音飛び防止機能”みたいなもんだろ。
169 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/03/08(日)08:03:37 ID:???
>>165
うちの祖母も祖父が入院中のある日の朝
「今日お爺ちゃんが亡くなる夢見たから」と出かける用意してて
学校から帰ったら家に黒幕掛かっていた事があったわ。
長年連れ添った夫婦だからこそ感じる虫の知らせだったんだろうね。

余談だけど祖父が亡くなってから伯母とその息子の従兄が
それぞれ交通事故に遭うんだけど、その瞬間祖父の「危ない!」「何しとるんや!」
って声が聞こえたと言っていた。
そのお陰が二人とも相当な大事故にも関わらず後遺症もなく元気。
従兄なんか人も通らないような崖下にスリップ墜落したのに
たまたま人がいてすぐに救出されたとか。
私は残念ながら祖父の声を聞く事はないんだけどやはり一度事故に遭ったけど
特に後遺症もなかったので祖父の加護だと思っているw
170 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/03/16(月)11:55:24 ID:???
昔々、小学校の一年生の時の話。
当時住んでた家は古い古い家だけど、
庭には柿やビワや梅など、実のなる木が色々植えてあった。
父が子供の頃から住んでた家で、
私が生まれて直ぐぐらいに祖母が亡くなり、
私が小学校に上がる直前に祖父が亡くなり、
その後は両親と兄ふたりと私の5人で住んでいた。
祖母のことは覚えていないが、祖父は初めての女の子の孫である私を
とても可愛がってくれたのでよく覚えている。

兄といつも一緒に遊んでいたせいか、私はお転婆だった。
その日も2階の窓からビワの木に飛び移り、
甘く熟れたビワを千切っては食べ、種を葉っぱの上に乗せて遊んでいた。
ふと見ると一際でっかいビワの実がなっていて
それを取ろうと枝に跨ってジリジリ移動していき手を伸ばそうとしたら
後頭部の方から「そこはだめだ!」って声が聞こえ
後からシャツの裾を引っ張られた。
え?と思って振り向いたらシャツが枝に引っかかって引っ張られていた。
お気に入りのシャツだったので破れたら大変と思って
大きいビワは諦めて戻ったんだけど、
注意する声が確かに聞こえたのに窓の向こうにも下にも誰もいない。
それにあの声がおじいちゃんの声にそっくりで不思議な気分だった。
それから少し経って、上の兄が帰ってきたので
あそこに大きいのあるんだって教えたら
取ってきてやるって登っていった。
そして私が引き返したところで枝が折れて落ちた。
兄は運動神経抜群だったので擦り傷程度で済んだけど
私だったら大怪我してたと思う。
今でもあれはおじいちゃんが注意してくれたんだと思ってて、
命日の度にお礼のワンカップの差し入れをしている。
(子供の頃はプロ野球チップスとかビックリマンチョコを差し入れてたw)
171名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/03/16(月)22:05:27 ID:???
数年前不思議な保険屋の女性にあった、
ちょくちょく顔を出すので、仲良くなった、
ある時、手相を習い始めたので、いろんな人の手を見たい。見せて欲しいと言うので見せた、
手をじーっと見ては、小さく頷く、
ふと顔を上げたかと思うと、肩の上辺りを見て、
また手を見るを繰り返していた、
手相占いの結果は、
女の子のが産まれやすいとか、
困った時にふと誰かしらの助けが入るとか、
そんなようなことを言われた、
そして、この先大きな病気をするかもしれないので、
ちょっと、今入ってる保険を見直しといた方がいいよと、
自分が入ってる保険屋のでいいから、先進医療の保険を手厚くしといた方がいいと言われた、
結局はそれかと思ったが、彼女は、自分のとこのは勧めてこなかった、
ちょくちょく、見直しましたか?とメールが来るので
見直してみようかなと思い、先進医療が手厚い保険をつけた、彼女のとこで保険に入らなかったからなのか彼女は来なくなった、メールもエラーで返ってくるようになり、結局はそれかと思った
それから、1年後、私は癌になった、
あの時、彼女がいてくれたから、家族に金銭面で負担をかけなくて済んだ、
彼女にお礼を言いたくて、彼女の勤めていた保険会社に連絡をしたが、彼女は3.11の災害から連絡がつかなくなってしまったらしい。

つい最近、2歳の娘が誰もいないとこに向かって、おねーちゃんバイバイと手を振っていたので、様子を見に来てくれ他のかな?と 思ったので書き残し、



172 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/03/23(月)08:59:06 ID:???
>>171
悲しいね。もし彼女が居なかったらと思うと…
どこかで元気に過ごしていてくれることを願う。
173名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/03/23(月)10:39:23 ID:???
>>171
まあその人のやり口ってのもあるけど
結果的にいい方向に進んでよかったね
174 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/04/01(水)07:49:14 ID:???
朝、起きたら家じゃなくて「ここはどこ?」って思う事が良くある。
175 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/04/01(水)08:20:29 ID:???
そして隣に知らない男が寝てると。
176 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/04/01(水)09:29:16 ID:???
寝てると思ったら男はタヒんでたと。
177 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/04/01(水)16:28:33 ID:???
>>173
やり口なら
>彼女は、自分のとこのは勧めてこなかった
とはならないと思う。
178名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/04/03(金)00:13:37 ID:???
春休みで実家に帰省していた時、夢を見た。遠方に住んでる独身の伯母の夢だった。伯母は婦人科系の病気で子どもが望めないからと、弟である父の子ども(私たち姉妹)を可愛がってくれていた。
久しぶりだな、そういえば家を出てから電話もしてないなと思っていると伯母がにっこり笑って頭を撫でてくれた。
「あんなー、BLEACHの続きの録画は、自分でしてな。ごめんな。伯母ちゃんがメカ買うてやるから。」
「変な男に惚れたらアカンよ。薬もアカン。バイクもアカン。妹達にもようと言い聞かせるんやで。」
「ほな、またな」
なんなんだろーと思っていると母親に叩き起こされ夢から醒めた。
「伯母ちゃんが亡くなったって。父さんの飛行機朝一番の予約とってやって。」
心臓発作起こして、発見され運ばれた時には手遅れだったそうだ。
不思議と驚かなくて、むしろそういうことかと納得した。小さな桐箱に入って伯母が帰ってきた時、父から封筒を渡された。
『(私)へ、DVDのメカ代』って書いてる封筒握りしめて泣いた。いつ準備してたんだろうとか、メカって大雑把やなとか、やっぱり夢じゃなかったんだなとか。
今も、伯母から貰ったお金で買った録画の機械は大切に使ってる。アニメのBLEACHは終わってしまったけど、伯母が焼いてくれたDVDは捨てられない。
帰省するたび、ちょっと良い珈琲と煎餅(伯母は珈琲片手に煎餅食べるのが好きな人)御供えするのが習慣。
時々、伯母の好きなアーティストのアルバムなんかを御供えすると決まって『おーきに』って夢で笑ってる。
179名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/04/05(日)06:49:30 ID:???
上村遼太君は母親に見殺しにされたも同然★ [転載禁止]2ch.net
元スレ http://anago.2ch.net/test/read.cgi/youth/1425277867/
180 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/04/15(水)12:09:12 ID:???
>>179
犯人が在日っぽいと分かってからは
すっかり報道されなくなって忘れ去られたね。
181 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/04/16(木)11:22:14 ID:???
叔父の法事の前日に夢を見た。
夢の中で「悪いけど、煙草を1箱だけ買ってきてくれんか」と叔父に頼まれたので目が覚めてから買いに行った。
ちょうど法事なんだから墓前に供えればいいと思った。
叔父の家に行くと従姉妹が俺と同じように煙草を1箱持ってきてた。
従姉妹も夢で叔父から頼まれたらしい。
あの叔父さんって煙草を吸うイメージが強いもんな、と笑って二人で叔母に渡した。
「叔父さんが俺たちにお使いを頼んだんですよ。お供えさせて下さい」と言ったら叔母が驚いてた。
叔父は毎日2箱ほど吸う人だったらしい。知らなかった。
叔母は「いつもそんなに煙草を吸わないでと注意してたの。私に怒られるのを気にして、あなた達二人に一箱ずつお願いしたのかしら」と泣き笑いしてた。
たんなる偶然かもしれないけど、それでも叔父さんらしい気の使い方だと思った。
182 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/04/16(木)17:02:46 ID:???
>>178
>>181
夢枕に現れたってことね。
私は経験がないけどたまーに話は聞くなぁ。
個人的には幽霊とか化けて出てこられるのは嫌w
でも夢なら落ち着いて話ができそう。
183 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/04/18(土)09:04:26 ID:???
母方の祖母が亡くなった時。自宅から病院まで車で40~1時間くらいだったんだけど、母はほぼ毎日仕事帰りにお見舞いにいってた。私は当時中学生で塾やら部活やらで毎日は行けず…
塾から帰ってきたらまだ母が帰ってなかった。仕事で何かあったのかと思ったら30分後くらいに帰ってきた。
184 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/04/18(土)09:04:46 ID:???
こんなに遅くまでどうしたのかと聞いたら「行きは信号に引っ掛からず20分くらいで病院についた。
185 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/04/18(土)09:04:53 ID:???
帰りは多分全部の信号に引っ掛かった上に自宅手前の道で渋滞してた(普段は渋滞するような道じゃない)」とのこと。その日の夜に祖母は亡くなったよ。母は「おばあちゃんが帰ってほしくなかったのかもねw」と言ってました。
186 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/04/27(月)16:01:11 ID:???
うちの犬が脱走し、お友達の導きで帰宅した話 


中学生の時、私のじーちゃんが白い子犬をどこかから貰ってきた。
じーちゃんはゲートボールが趣味で、その帰りにスクーターに乗っけて突然つれて来た。
うちは皆動物好きなのでスルっと家族の一員になった。
子犬は女の子で、私がもののけ姫が好きだったのでサンちゃんと名づけた。
それからじーちゃんは毎日スクーターで田んぼ道をサンちゃんと散歩した。
じーちゃんは元々肺が良くなくて、あまり歩いたり走ったり出来ないからスクーターでゆーっくり散歩してた。
5年くらい経ったある日、サンちゃんが庭の柵を飛び越えて脱走してしまった。
お散歩ルートや近所中探し回ったけどとうとう見つからなかった。
それからすぐ、じーちゃんが病気が悪くなって亡くなった。
サンちゃん、じーちゃん亡くなるの分かって寂しかったのかなーとか家族で話した。
もう戻ってこないのかな と半ば諦めていた頃のある朝、見知らぬ番号から電話が来た。
出てみると声は70代くらいの上品そうなおばあちゃんで「うちにいる犬がもしかしたらお宅の犬かもしれない」と。
187 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/04/27(月)16:01:43 ID:???
びっくりして住所を聞いてすぐに母と一緒に行ってみると、いた。サンちゃんがいた。
迎えてくれたおばあちゃんの話によると
サンちゃんはおばあちゃんに拾われてずっと可愛がられていた。
サンちゃんがじーちゃんと散歩してた時に、毎日会っていた仲の良い犬がいて
その犬の飼い主さんはたまたまその日はお散歩ルートを変えたんだそう。
しばらく歩いたら、突然犬が飼い主さんをグイグイ引っ張り出して住宅街に入ってしまった。
そしておばあちゃんちの庭にいたサンちゃんの所まで案内し、
飼い主さんが「この子は○○さんちのサンちゃんじゃないか?」と気づいてくれた ということだった。
母も私もびっくりしたし喜んだ。サンちゃんも尻尾どっか行きそうなくらい嬉しそうだった。
おばあちゃんにはありったけの感謝の気持ちを伝えてサンちゃんを家に連れて帰った。
これが、じーちゃんが亡くなって丁度2年後の命日の事だった。
飼い主さんがルートを変えたのはすごい偶然だし、
しばらく会っていないのに嗅ぎつけて見つけてくれた犬にもとても感謝している。
三回忌でじーちゃんが呼んだんかなーとか思っている。
サンちゃんはおばあちゃんちで相当良い物食べてたみたいで
帰って来たらカリカリを食べ好みするようになってたw
そんなサンちゃんも心臓悪くして去年亡くなった。
じーちゃんと仲良くやってるかなーと思い出したので書いてみた。
188 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/05/01(金)09:17:22 ID:???
ええ話やん
189 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/05/09(土)10:24:06 ID:???
私が幼稚園の時の話

母方祖母と離れて暮らしている曾祖母に会いに行った
曽祖父は亡くなっており、部屋には小さな仏壇とその横にある机には沢山の果物
どうやらお供え物らしい
祖母と曾祖母が話している間にぼーっとしていたんだけど、ふとお供え物を見たら机ごとカタカタと揺れている
地震かなと思ったんだけど、揺れているのはその机だけ
不思議に思い祖母と曾祖母に聞いてみたら「それは、ひいじいちゃんが来ていて果物を食べているんだよ」と言われた
その机だけカタカタ揺れているのはしばらくしたら終わった
揺れが収まった後にお供え物のぶどうを見たら、何粒かなくなったのか形が変わっていた
その時はそうなんだーって納得していたけど、大人になってから不思議だなと思った
190 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/05/09(土)10:27:46 ID:???
病院連れていかれた?
191名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/06/05(金)16:09:54 ID:???
何かで説明がつく事象だったら誰か説明してほしい

私は結婚して5年目
結婚する前は何も考えていなかったけど、婚後の苗字はこの辺にしかなく、ハンコは買うのではなく作ってもらわないと手に入らない
銀行などの名義変更を行おうとしてようやくそれに気づき、ネット注文しようかと思ったが姑に「街の時計屋さんなら、この辺にしかない苗字でも取り揃えてるかもよ」と言われ、古ぼけたその時計屋に向かった

出てきたのは人の良さそうなおじいちゃん
事情を話すも、やはりその苗字はないので特注するしかないとのこと
1週間程で出来上がるので、出来上がったら電話をします、と言われてその日は帰った
でも1週間しても2週間しても電話はこない
会社からは手続きを早くしてくれとせっつかれているし、こちらから電話してみることに
すると例のおじいちゃんが出て「印鑑が出来ましたと留守電に入れた筈なんですけどねぇ~」とのこと
確認するも留守電には入っていない
高齢だし、番号間違えたか、かけたつもりになっているんだろうと思い、お支払いをして、印鑑を受け取った
そのまますっかりその事は忘れていたんだけど、つい3日前、仕事を終えると知らない番号から留守電が入っていた

「○○時計店です~、ご注文の印鑑が出来ましたのでいつでも取りに来てくださいね~」
とおじいさんの声

とうとうボケたかあのおじいちゃん!と思い、家に帰り、姑に話すと
「ちょっと、気味悪いこと言わないでよ」
と嫌そうな顔をされた
「○○時計店のおじいちゃん、2年前に亡くなったんだよ、知ってるでしょ?」

いやいやいやいや知りませんし

姑に留守電を聞かせたら絶句
「○○時計のじいさんの声だね…」

5年越しで留守電が届くとかあるの?
気持ち悪いから留守電は消したけどまたかかってきたらどうしよう
ホントに気持ち悪いから何かで説明がつくならそれで納得したい
192名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/06/05(金)16:15:36 ID:???
2代目のイタ電
193 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/06/05(金)18:06:27 ID:???
たまたま転送されなかったとか
194 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/06/05(金)18:12:05 ID:???
電話回線経由のタイムトラベラーとしか言いようがない
195 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/06/05(金)20:35:34 ID:???
>>192
それならそれで納得なんですが、時計屋さんはもうやってないそうなんですよ
息子さんは県外で働いてらっしゃるそうで、店舗兼自宅にはおばあさんが一人暮らしとの事

>>193
なんかの手違いだと思いたいです…

>>194
2010年におじいさんがかけた電話が2015年の私に繋がったって事ですよね?
そう考えたら亡くなった方から電話がかかってくるよりは怖くない話になりそうです
196 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/06/06(土)17:29:41 ID:???
>>191
まさかとは思いますが
留守電も姑もあなたの空想上の(ry
197 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/06/10(水)13:00:12 ID:???
あまり人がいなさそうなので、今の内に。

原爆ドーム周辺に住んでる
旦那の転機についてきて、広島に住み始めて約半年。

小さい頃から亡くなられた方を夢で見たりする私。
原爆で亡くなられた方がいつか夢に出てくるんじゃないか?と、思っていたら、先日出てきた。

その方は30~40代の男性。
体の一部が原爆の熱で溶けてた。はだしのゲンみたいなって言えば想像つくかな?
その男性曰く「喉が渇いていたが、誰も水をくれなかった。やっとの思いで家についたら皆『水を飲んだら死んでしまう!飲むな』と言ってくれなかった。
みんなは私のただれた肌を抑えて手当していた。
最後は水が飲めない事より、肌を抑えられた方が痛くて痛くて本当に辛かった」と言って消えた。
その方は手当されている最中に亡くなられたらしい。
夢の中で私が男性の話をうんうんと聞いていたら満足したのか成仏された。
誰かに聞いて欲しかったのかな。
男性は名前を教えてくれたが、忘れた。
198 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/06/12(金)01:36:43 ID:???
本当に些細な出来事なんだけど。

祖父のお通夜のとき、私は一人、控え室で着替えをしていたんだ。
そしたら突然、控え室のテレビがついた。

祖父はとてもテレビが好きだった。しかもやかましいやつ。
そのときもバラエティー番組だったよ。
私はびっくりして気が動転してしまい「お祖父ちゃん、駄目だよ。」って言いながら
すぐテレビを消してしまったけど、最期くらい心ゆくまでテレビ見させてあげれば良かったと思う。
199 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/06/12(金)07:03:13 ID:???
覗きか
200 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/06/16(火)02:12:34 ID:???
序盤・オカルト、中盤・衝撃、終盤・修羅場。虫注意、グロ注意です。
(序盤)
私が子供の頃、祖母がミーちゃんという猫を飼っていた。
ミーちゃんはよぼよぼの年寄り猫で、いつお別れが来てもおかしくなかった。
祖母は私に「猫は最期の時、誰にも見つからないところへ行くのよ。
お世話になった人に迷惑をかけないように」と言っていた。
ある日、本当にミーちゃんがいなくなった。
そうかお別れなんだな、としんみりした。
1か月くらいして、夜中にトイレに行って、茶の間を通った時、
茶の間のふすまの裏から「にゃああーー!!」という猫の大声がした。
ミーちゃんだ! じゃあ、迷子になったか家出してたかだったのか?と
ふすまを開けようとした。でも、ふと、いやな予感がした。

ふすまの向こうは仏間(仏壇の置いてある小部屋)。
ふだん閉めきってある仏間に、猫が入り込むだろうか。
ためらっていると、今度はふすまの裏で、ばりばりばりっと、
猫が爪をとぐ音がした。ミーちゃんはふすまで爪をとぐので、家じゅうの
ふすまがぼろぼろだった。やっぱりミーちゃんが戻ってきた!
……とは思えなかった。声や音はしても、
ふすまの向こうに生き物がいる気配がしなかったから。
ぞっとした。何もしないで、自分の部屋に戻って寝た。
201 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/06/16(火)02:14:06 ID:???
(中盤)
朝、みんな(祖父母、父母、私)で朝ご飯を食べていると、
祖父が「ん、雨か?」と言った。私「晴れてるよ?」
「でも、雨音が……」
たしかに、庭の方でぱらぱらぱら、と雨粒の落ちる音がしている。
縁側の先のひさしから、雨粒が落ちているのも見える。
「雨?」祖父が縁側に出て、庭を見た。「うぇ?」と変な声を出した。
「何?」と私が寄って行こうとすると、祖父は「女衆は来るな」と制し、
父を「ちょっと来てくれ」と呼んだ。父も庭を見て「うわ、何これ」。
祖父と父は庭に出て、屋根を見上げて、同時に「ギャー!」と叫んだ。

来るなと言われても、何事かと女衆(祖母、母、私)が駆けつけると、
雨粒と思ったのは、大量のウジ虫だった。
ひさしの雨どいからあふれ出て、庭に音を立てて降っていた。
ひさしの下の地面はキタナイ米粒のようなウジ虫でいっぱいになっていた。
祖父と父によると、屋根に、過去にミーちゃんだったと思われる物体があり、
それにウジがわいて、屋根から雨どいに流れ込んで、あふれ出しているという。

「ど、どうしよう」祖父も父もヘタレだ。屋根に上ったことなんかない。
祖父ははたと手を打って「そうだ、トラに頼もう!」
祖母も「こういう時は、レッツ・コール・タイガーね!」(本当にこう言った)
トラさんとかタイガーさんとか呼ばれているのは、渥美清でもゴルフ選手でもなく、
祖父の幼馴染で、近所に住む大工の「虎次さん」のこと。
我が家の補修や改修は全部、トラさんがやってくれていて、その上、
ヘタレな祖父ができない力仕事も請け負ってくれていた。
(もちろん料金は払っている)
話を聞いたトラさんは、「まかしとけ」とマイ梯子をかついですぐ来てくれた。
202 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/06/16(火)02:23:58 ID:???
(終盤)
さすがのトラさんも屋根の上の惨状を見て、「うひゃ」とドン引き。
それでもてきぱきと、父に「埋めるための穴を掘れ」、
祖父に「大きな段ボール箱を持ってきて、ひさしの下で構えとけ」、
女衆には「たき火をするから、庭の落ち葉を集めておけ」と指示を出した。
自分の役回りがわからない祖父が「俺は何を?」と聞きかえすと、
トラさんは「俺が屋根に上って猫の○体をほうきで払い落とすから、
あんたはひさしの下でそれを段ボール箱で受け止めろ」
祖父は「ひー」と青くなったが、子供の頃からトラさんには逆らえない。

トラさんは軽々と梯子を上って屋根に立ち、祖母から受け取った竹ぼうきで
過去のミーちゃんを大量のウジ虫ごと祖父の構えた段ボール箱に払い落とした。
祖母と母は地面のウジ虫を掃いて、私の集めた落ち葉と、段ボール箱と共に
父の掘った穴に入れて、まとめて燃やし、後は埋めた。
トラさんは「いやあ、奥さん(祖母のこと)にあんなに可愛がられたってのに、
最後の最後に、なんてぇひどい猫だ」とあきれながら帰って行った。

猫の○体とウジ虫を受け止めさせられた祖父が修羅場。
「ミーちゃんは私に迷惑をかけたくなかったから、いなくなったのね」などという
“甘い考え”が根底から覆された祖母も修羅場。
1か月も、朽ち果てていく猫の○体の下で暮らしていたと知った家族全員、げんなり。
(しかし、なんで屋根の上なんかで○んでたのか?)
前夜にミーちゃんの幽霊が出たのに(なんでそのタイミングで出てきたのか?)
それどころではなくて、そんな話には構ってもらえなかった私は不満。
203 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/06/16(火)02:36:39 ID:???
>前夜にミーちゃんの幽霊が出た
いい加減に気づいて、ちゃんと埋葬されたかったんじゃない?


なお、マジレスすると、猫は人目につかない場所でじっと寝る
体力が回復すれば戻って来るが、戻らずにそのまま…ということもある
「猫は最期のときに姿を見せない」の真相はこういうこと
204名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/06/16(火)19:44:16 ID:???
ミーちゃん可哀想…何で屋根で死んだんだろう?
205 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/06/17(水)12:09:49 ID:???
>>204
日向ぼっこしながら気持ちよく昼寝して
そのまま眠るように逝ったんだよ。
206名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/09/06(日)13:15:27 ID:???
オカルトと迷ったんだけど、不思議だったらこっちでもいいんだっけ?

俺んちにある変な習慣?が他の所にもあるのか最近気になってきた。
昔からあったらしいけど、単純なもんで、産まれて一週間の赤ん坊の枕元に酒置くってだけ。
もちろん手の届かん位置にだよ。
不思議なのが、一~二世代に一人、酒が減るんだ。
酒が減った赤ん坊は大人になって金持ちと結婚したとか旦那が出世したとか色々ある。
んで、そんな事がよくあるから昔はモテてたらしい。

じいちゃん達の子供世代(親父達)は減らなかったらしいけどね。
兄貴が産まれた時に親父がふざけてやってみたら本当に無くなったんだと。
母ちゃんからしこたま怒られたって言ってたよ。
そりゃ危ないから怒られるだろ。
ただ減ったら減ったで裏山の掃除係させられるからめんどくさそうではあるが。

こういうの他の所にもあるのかな?誰か知ってる人いないかな。
じいちゃんあんまし教えてくれないしなー。
ちなみに兄貴はよくアイスの当たりとか当ててたよ。だから運は良いと思う。
207 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/09/06(日)17:29:04 ID:???
オカ板のスレタイが怖いのばっかりだったからここに書きます

私は二人姉妹で、姉の方。

妹はぶっちゃけ見える人。
小さい時から有象無象の何かをぼんやりだったりくっきりだったり見ているみたい。
私ははっきりとは見えはしないけど、何かの影が見えることもある。
妹がいたら彼女と同じものが見えたり何だかよくわからない。

私たち家族は一軒家に住んでいて、年頃になった頃から二階の二部屋が姉妹の部屋になった。
それまでは入口が一緒の二間続きの部屋だったのを、突き当りの壁をぶち破ってドアにして、アコーディオンカーテンで仕切った簡易的な別の二部屋にした。
狭い方が突き当りの部屋で、広い方の廊下に面した入口は引き戸で上の方にすりガラスがあった。すりガラスのドアの正面にはベランダに面した大きなガラス窓があったから、すりガラスからは昼なら明るい光が、夜なら国道の街灯の明りが入ってきてた。

で、よく見えるわけよ、そのすりガラスから人影が。
すうっと多分大人のひとが通る影。
家の階段は上るとギシギシ音がするから、誰かが上がってくるのはすぐわかったんだけど、その人影は音もなく、奥の部屋に消えるの。
ドア閉まってるのに。
ドアも大工だったじいちゃんが壁をぶち破った時に付けた簡易的なものだから、動かすとギイギイうるさいやつなんだけど。

最初は私が広い手前の方の部屋だった。
これは姉だからとか、もう中学生だからとかそういう理由だった。
それで影が見えるようになった頃から、奥の部屋に人がいない時に限ってタンスの持ち手をがしゃがしゃする音や、引き出しを開け閉めする音がするようになった。
208名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/09/06(日)17:30:50 ID:???
私たちは何故かそれを怖いとは思わなくて、
「また遠藤さんが悪戯してる」
「女の子のタンス開けて変態が」
とか影に名前まで付けてどっちかというと面白がって話してた。
何度か姉妹で部屋を入れ替えたりしてたけど、遠藤さんは変わらずやりたい放題だった。
ただ、散らかしたり引き出しを開けっ放しにはしなかったから、私たちは気にしなかった。
て言うか生活の上でもっと大変なことがあったから、どうでもよかった。

私たちの従姉妹や友達が、気味悪がって絶対に二階に上がらなくなった。
皆その話を聞いて半笑いなのに、実際影を見たり、音を聞いてすぐ部屋に踏み込んでも何も
居ないとかいうのを体験したら、やっぱりイヤだったみたい。

結局遠藤さんが居なくなったのは、私が妹の部屋に悪戯でジョンマルコヴィッチのポスター
を貼った時。
ググっていただいたら分かるんだけど、「マルコヴィッチの穴」という映画の、マルコヴィ
ッチの顔が大写しの方のポスターを、ドアを開けてすぐ前の壁に大きなのと、その他10か所
くらいに小さなのを貼って、妹が帰ってくるのをわくわくして待ってたら、いつもの通りに
遠藤さんがすうっと通って行って、それっきり。

それから部屋を改装したから、改装が原因で居なくなっちゃったんだと思ってたんだけど、
マルコヴィッチから改装まで結構期間あったんだよね。

暗闇にマルコヴィッチ怖かったのかなあって。
幽霊でもびっくりするんだなあって。

後から考えて遠藤さんに申し訳なかった。

ちなみに妹はマルコヴィッチのポスターに狂喜乱舞して、私をがっかりさせた。
209名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/09/06(日)18:37:19 ID:???
>>208
そのポスター見てみたいんだけど、もしかして怖い系?
怖いのはヤダな…
210 : 207[sage] 投稿日:2015/09/06(日)19:23:32 ID:???
>>209
ポスターはジョンマルコヴィッチの顔が大写しのものなので、全然怖くないよ!!
211 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/09/06(日)21:19:31 ID:???
>>206
金持ちに嫁ぐとか旦那とかから思うにお酒が減るのって女性が多いのかな?
何となくだけど異類婚姻みたい感じなんだろうけど、今回はお兄さんなんだよね?
酒が減る事で契約が交わされて、何かの条件と引換えに豊かな生活をもたらしてくれる、みたいな。


>>208
何で遠藤なのか気になるセンスだなw
狂喜乱舞する妹も気になるけどww
212名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/10/16(金)22:22:24 ID:???
つい最近あったこと。
書くかどうか迷ったけど気落ちの整理のために書きます。

今月、母が亡くなった。
最後は痩せ細ってしまって箸を持つのもやっとだった。
亡くなった当日は色々あって悲しむ暇が無かったけど
次の日になって突然悲しみが襲ってきて、止めたいのに涙が止まらなかった。

その日の夜中の3時過ぎ、ベッドで横向きに寝ていると
嫌な気配を背中に感じ「くる!」と思ったと同時に
背後から両脇を抱えら羽交い絞めにされました。

嫌な気配は私の上半身を持ち上げようとする。
嫌な気配の関節が軋む「ミシミシミシ!」という音が聞こえる。
物凄い力で「グイッ」と持ち上げられたのに、そこには自分が寝ていました…
薄くなった上半身だけが嫌な気配によって持ち上げられていました。

何度もこういう者に出会っている私は
「私にはまだやる事が沢山あるの!」と心の中で叫びました。
羽交い絞めにされていた手がほどけ、自分の薄くなった上半身は
寝ている自分に戻って行きました。

直後に目が覚めましたが、あれは夢だったんだろうか?と考えたけど
両脇に残る違和感が夢ではないことを証明している気がしました…

悲しみ過ぎると魂持っていかれそうになるんだろうか?
あの物凄い力で引っ張ったのは母だったんだろうか?
なんで連れて行かれそうになったのか?
考えても未だに答えが見つかりません。
213 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/10/16(金)23:04:46 ID:???
>>212
そういう不思議体験がないから、読んだ感想として。

「私にはまだやる事が沢山あるの!」
この気持ちをしっかり自覚させるために来たんじゃないかな、と思った。
だってすぐ解放してくれたんでしょ?
いっぱい泣いてたくさん悲しんだら、お母様のぶんまで、幸せに生きてください。
泣きたいときには、ちゃんと泣かなきゃダメだよ。
暖かくして風邪ひかないようにね。
214 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/10/17(土)09:24:31 ID:???
212です。
温かいお言葉に涙が出ました。
最期の時も葬儀の時もちゃんと泣けなかったので
悲しくなったら我慢せず泣かないといけませんね。
私、このスレの116で父の死後に起こった不思議な体験を書いた者なのですが
身内が亡くなると割とすぐにこういう体験をします。
今年は母より先に兄も亡くしていまして(三か月前)
もしかしたらあれは兄だったのかな?と今更ながら思います。
215 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/10/18(日)00:49:46 ID:???
過労で電車に飛び込もうとした時の体験。

当時の私は20代半ば。連日15時間労働、休日出勤当たり前の超ブラックな職場で働いてた。パワハラのおまけつき。
妙齢の女が独り暮らしで、しかも職場が過酷なものだから親の心配は半端じゃなく、盆休みにほとんど無理矢理実家に連れ戻された。

しかし社畜だった私は2日休んだだけで職場のある町に戻ると決め、親の目を盗んで駅に行った。
町へ行く電車を待っていると、特急通過のお知らせが聞こえてきて、ふと飛び込めばもう働かなくて済むじゃんと思いついた。

憑かれていたというか、それが最良策だと思った。
たぶん楽に逝けるし、親に心配かけることもなくなるし、労災とか認められれば鉄道会社への迷惑料もブラックに請求できるかも、と。

いま思えば正気の沙汰じゃないが当時はもう、そうしようそれがいい!それしかない!!と勇んで一歩前へ。
ファーンていう特急の警笛?が聞こえて、さあ行くぞって走り出そうとした時、向かいのホームに犬が見えた。

それ、学生風の若い男の子が、脇に置いてたキャリーケースなんだよね。
目ではそう見えるんだけど、どうしてか頭では犬だって認識するの。
なにこれ、幻覚?て目を凝らすほどハッキリ犬の姿になる。
その顔に覚えがあったんだけど、10年前に天国へいった初代ワンコだと気づいて驚いた。

ペー太(仮)!!あんたペー太なの!?って叫んだか叫ばないか記憶にないけど、とりあえずワンコがこっち見ながら尻尾ふって、目の前をガーッと特急が過ぎてった。
ホームぎりぎりにいたので風圧で尻餅ついて、駅員さんにめちゃ怒られて。
あとは簡単に書くけど町には戻らず実家に帰って親と相談して会社やめた。

それからしばらく休養したあと給料半分くらいの仕事に再就職してのんびりやりながら今に至る。
昼間、2代目ワンコと戯れてたらふと思い出したので誰かに聞いてほしくて書いた。
216 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/10/18(日)01:01:19 ID:???
すみません、駅員さんに怒られたあと、ワンコは消えてキャリーケースがあるばかりだったということを書き忘れました。
217 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/10/18(日)01:12:39 ID:???
なんだか知らんが飛び込むのは迷惑だからやめれ。
218 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/10/30(金)05:01:25 ID:???
212ちゃん

あなたのこと最後にぎゅって抱きしめたかったの
でも 身体が無くなって力加減が難しくて、こわがらせてしまったね ごめんね

幸せになってね
幸せになってね
219 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/10/30(金)06:52:17 ID:???
なんで2回言ったし。


生活全般板に戻る 全部 最新50 まとめビューα この記事をツイートする

おすすめスレッド

PR

みんなが見ているスレッド

PR

スポンサードリンク