ログ速トップ
495 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2017/11/10(金)11:11:04 ID:E6R [1/2回]
人によっては胸糞かもしれないですが。

父方の祖母を亡くしたときに、なにか自分の中で激変した話。
昔はおばあちゃん子だったのだけれど、祖母が脳梗塞で寝たきりになったり、そのタイミングが運悪く私の思春期と重なったりしたために、いつしか嫌いになっていた。
祖母の部屋があったのだが、部屋には簡易トイレがあって臭かったし、時たま部屋に呼ばれたので行けば「鼻をかんだティッシュを捨ててきてくれ」とか「学校は楽しかった?」とか。ティッシュだって汚いって思ってたし、部屋は臭いから長居したくないし。
そんなこんなで、いつしか私は祖母の部屋から聞こえる私を呼ぶ声を無視するようになっていった。
私が「ただいま」と言って帰ってくると、聞こえる呼ぶ声が嫌で、急いで自分の部屋に駆け込む。
さらには「ただいま」すら言わずに、気配を消して帰ってくるようになった。

高校生になると祖母は施設に入り、身の回りの世話をしてもらっているおかげで、身なりも少し綺麗になったし、体に染み付いていたおしっこの匂いもなくなった。
だから、少しだけ「汚い」って思う気持ちが減った。

父が「おばあちゃんに会いに行こう」と言って、週に一回休みになると施設に通った。
お昼の時間になると、私は必ずご飯を食べさせた。
ニコニコしながら「ありがとう、良い子だね」と褒めてくれる祖母に対しては嫌いとも好きとも思わなくて、ただ中学生のときの罪滅ぼしだと思ってお世話していた。

そうして、私が大学生になってすぐにそんな祖母が亡くなった。
嫌っていたはずなのに、すごく悲しくて、その時から祖母が私を呼ぶ声に悩まされた。
あの臭く汚い部屋から呼ぶ私の名前の声が、突然耳から離れなくなって、未だに時たま聞こえる気がする。

きっと私は自分の中で中学生のときの行いを償いきれてないのだろうと思い、母方の祖母に優しくするようになった。
父祖母にはできなかったことを精一杯、母祖母で償おうと思った。
だけどいつしか、骨ばったしわくちゃで冷たい手が、なんとなく「好きだなー」って思うようになって、地元の老人ホームに就職して、仕事しながら介護福祉士の資格を取った。

大変な仕事だけれど、介護士になって5年経つけれど、未だに辞めたいと思ったことはない。
むしろ、どんどんお年寄りが好きになっていく。
おじいちゃんもおばあちゃんもみんな可愛いって思うし、なんだか愛おしいって思う。

母祖母が「生きている間に〇〇(私)ちゃんの花嫁姿が見たいわ」って言っていたのになんとか間に合って、縁あって結婚したが、その年に母祖母も亡くなった。

未だに父祖母が私を呼ぶ声が聞こえるけれど、父祖母を亡くしてから自分の人生が激変したのが衝撃的だった。
それまでは、大学出て、てきとうな会社に勤めて~…なんてふわふわした人生設計だけれど、まさか誰も私が介護士になるなんて思わなかっただろう。
親ですら「まさかお前が人のために尽くす仕事に就くなんて」って言ってたくらい。

最初は罪滅ぼしだと思って邪な気持ちから、なんとなく始めた勉強が実を結んで、今は天職だと思える仕事に従事してることが、とにかく衝撃的だった。

終了したスレッドです

生活全般板に戻る 全部 最新50 まとめビューα この記事をツイートする

おすすめスレッド

PR

みんなが見ているスレッド

PR

スポンサードリンク