ログ速トップ
1 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:20/09/17(木)14:55:07 ID:8QH [1/4回]
「自分を見つめ直す時間を含め、これから自分に何ができるかを考えていました。どうやったら、スポーツや野球に恩返し、貢献できるかなと考える日々でした。
どちらかと言うと、活発的に外で動いて休むことを良しとしない人間だったので(この期間は)人生の中で一番、長い時間を過ごしてきた感じがあリました」

インタビューに応じた鈴木氏の顔は日に浴びて、こんがりとよく焼けていた。「日焼けサロンに行っていた訳ではありませんよ」と屈託のない笑顔を見せる。その理由は「やりたいことの一つ」である農業が関係していた。
2 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:20/09/17(木)14:56:20 ID:8QH [2/4回]
「最初はお手伝いしてくださいという感じで、ビニールハウスから作りました。トマトやきゅうり、とうもろこしを育てて、採取する畑仕事から、販売まで。
野菜というのは、こちらの意思関係なく、すくすく育つ。雑草を取り除いたり、結構、地道な作業も多いんです。2000坪くらいある敷地なので、一つ一つを段階的にクリアをして作業をしていくと、あっという間に時間が過ぎます」

農業、そして野菜の奥深さを実感する日々だった。自分が愛情を持って育てたものを、お客様に提供する。自身もその愛着のある野菜を食して、健康状態を維持してきた。
次第に農業から学んだ野菜の知識を教育や野球指導などの活動に繋げたいと思った。それが「食育」だった。
3 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:20/09/17(木)14:57:09 ID:8QH [3/4回]
「スポーツ選手と食に対しての意識は世界的に高いし、日本もそういう傾向になりつつあります。自然の恵みから生まれたものは健康になるし、食育というのを、中学、高校生の時から取り入れているスポーツ、野球チームもあります。
食べるもので人は変わってくる。スポーツや野球の指導と、農業というものは切り離せないかなと思います」
4 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:20/09/17(木)14:58:40 ID:8QH [4/4回]
ソース
https://news.yahoo.co.jp/articles/b20a8f2731ca0f89f205e526668bb730ac5c038c


おすすめスレッド

PR

みんなが見ているスレッド

PR

スポンサードリンク