ログ速トップ
1 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:20/06/02(火)09:03:25 ID:???
※戦国武将、明智光秀が「本能寺の変」で織田信長を討ったのは、
信長の非道を許せなかったから ̄ ̄。光秀ゆかりの京都府福知山市が
本能寺の変(1852年6月2日)の原因について、50の説から
選んでもらう総選挙をインターネット上で実施したところ、正義の
ために信長を討ったとする「暴君討伐説」が1位となった。
結果は「福知山光秀ミュージアム」(同市)のホームページで2日から紹介する。
https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0602/mai_200602_6353926050.html
2 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:20/06/02(火)09:04:00 ID:???
結局、今でも理由は不明のままなんだよな
3 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:20/06/02(火)20:24:07 ID:???
単純に「主君を討っちゃう俺、かっこい~!」だった気がするw
4 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:20/06/02(火)21:18:48 ID:???
光秀の前半生が不明すぎるのがずっと気になっている。
実在していなかったなんてことはないよな。
5 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:20/06/02(火)21:23:04 ID:???
歴史の改竄なんてざらにある。
日本書紀に書かれている蘇我氏の悪役ぶりが本当なのかと
疑問を持つ人もいる。そもそも聖徳太子の子孫を入鹿が
絶滅させたという話も、太子の実在が疑われている現在では
怪しいと言わざるを得ない。だいたい、太子の子孫の墓は
どこにあるのか。

光秀の場合も、実は光秀という架空の人物を設定して信長暗殺の
犯人に仕立て上げた人物がいるのではないかと考えるのも面白い。
6名無しさん@おーぷん[] 投稿日:20/06/02(火)23:30:16 ID:???
太子の実在を疑う奴は卑弥呼でも疑っておけよ
日本書紀の編者はそれをねじ込んだ為に編年がグチャグチャになったんだよ
7名無しさん@おーぷん[] 投稿日:20/06/02(火)23:40:53 ID:???
外国の文献に名が出てくる卑弥呼と、そうでない太子を
同列に語るのは科学的な態度とは言えないな。
8 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:20/06/03(水)00:36:26 ID:???
王妻號雞彌 後宮有女六七百人 名太子爲利歌彌多弗利
王妻君
太子若看取り
9 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:20/06/03(水)00:39:42 ID:???
>>7
倭の五王だって名前出てくるけど、誰がそんな名前使ってたんだって話だろ
10名無しさん@おーぷん[] 投稿日:20/06/03(水)01:00:04 ID:???
太子が実在したと信じたい人は信じればいい。
それはその人の自由だ。
実在しなかったと信じたい人はそう信じればいい。
それもその人の自由だ。
そういう自由を鑑みずに他人の意見に文句をつけた
>>6は無礼で無粋だな
11 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:20/06/03(水)01:26:39 ID:???
廿一年冬十一月、作掖上池・畝傍池・和珥池、又自難波至京置大道。
十二月庚午朔、皇太子、遊行於片岡。時飢者臥道垂、仍問姓名、而不言。皇太子視之與飲食、卽脱衣裳、覆飢者而言、安臥也。則歌之曰、
斯那提流 箇多烏箇夜摩爾 伊比爾惠弖 許夜勢屢 諸能多比等阿波禮
於夜那斯爾 那禮奈理雞迷夜 佐須陀氣能 枳彌波夜那祗 伊比爾惠弖 許夜勢留 諸能多比等阿波禮
辛未、皇太子遣使令視飢者。使者還來之曰、飢者既死。爰皇太子大悲之、則因以葬埋於當處、墓固封也。
數日之後、皇太子召近習者謂之曰「先日臥于道飢者、其非凡人、必眞人也。」遣使令視。
於是、使者還來之曰「到於墓所而視之、封埋勿動。乃開以見、屍骨既空、唯衣服疊置棺上。」於是、皇太子復返使者令取其衣。如常且服矣。
時人大異之曰「聖之知聖、其實哉。」逾惶。

行き倒れ介抱して死んだというから墓作ってやったけど、気になったのでその墓を調べたらもぬけの殻で服が置いてあった
その服を着たら聖と言われたってだけの話なんだからそれこそ馬子にも衣装だよね
12名無しさん@おーぷん[] 投稿日:20/06/03(水)01:29:53 ID:???
>>10
信仰は自由だけど、人を疑うのは自由ではない
13 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:20/06/03(水)01:43:31 ID:???
>>12
何を言っているのかわからない。
14 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:20/06/03(水)01:45:09 ID:???
つまりこれは水戸黄門が実在しないと言う位のナンセンスな話なんだよ
まあ彼が書いた大日本史の出来は置いとくとして
15名無しさん@おーぷん[] 投稿日:20/06/03(水)02:11:13 ID:???
>>12
つまり俺は人を馬鹿にしていいが、お前は俺を馬鹿にするなって言いたいの?
黄色い救急車呼ぼうか?
16 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:20/06/03(水)02:20:18 ID:???
>>15
誰がどこでバカにしてるの?
17名無しさん@おーぷん[] 投稿日:20/06/03(水)02:27:30 ID:???
文句をつけた事実はないのに濡れ衣を着せた奴が居るだけだな
18 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:20/06/03(水)03:55:52 ID:???
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO56819090W0A310C2CR0000/
推古紀は他に日食の記事とかもあるのででっち上げとか中国の文献の丸写しとは言えない
19名無しさん@おーぷん[] 投稿日:20/06/03(水)04:53:40 ID:???
>>17
それはお前の無理解だな
20 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:20/06/03(水)06:13:34 ID:???
>>19
説明がないものを理解はできないな
神を信じる話であれば理由は要らないけれどね
21名無しさん@おーぷん[] 投稿日:20/06/03(水)08:33:44 ID:???
>>6が日本書紀の編者を貶し、それを見た>>10>>6を諫めているのは明らかでしょ
この程度すらわからない程読解力が微塵も感じられない>>16,17,20は>>6だろうけれど、
もう少し自身の書き込み鑑みたほうがいいよ
22名無しさん@おーぷん[] 投稿日:20/06/03(水)08:36:40 ID:???
>>21
だったら文句をつけた根拠がないよね
23 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:20/06/03(水)08:39:48 ID:???
根拠もソースも何もないから疑われて否定されるのであり、自由に疑うことはできない
24 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:20/06/03(水)08:46:43 ID:???
>>6>>5が日本書紀が怪しいと言ってるから、卑弥呼も疑ってみればと言ってるだけだな
それを>>10が無礼だのとおかしなことを言ってる
25 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:20/06/03(水)09:23:56 ID:???
卅九年、是年也太歲己未。魏志云「明帝景初三年六月、倭女王、遣大夫難斗米等、詣郡、求詣天子朝獻。太守鄧夏、遣吏將送詣京都也。」

魏志から引用しているこれはご存知卑弥呼の使者の記事だけど、これが日本書紀のどこにあるかといえば神功皇后紀なんだぜ
26名無しさん@おーぷん[] 投稿日:20/06/03(水)10:30:06 ID:???
>>22
この人は何をいっているのかわからない
27 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:20/06/03(水)14:00:55 ID:???
用明天皇の第一王(当時は皇子って言い方なかった)の
厩戸王子もいなかったことになってるの?
記録はあるんだろ?
28名無しさん@おーぷん[] 投稿日:20/06/03(水)15:02:10 ID:???
厩戸王子は実在したらしいが、史書にある華々しい事績は創作
という立場を取る学者さんもいる。
29 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:20/06/03(水)15:12:58 ID:???
邪馬台国がどこにあったかもわかっとらんし、歴史には謎が多いわ
30 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:20/06/03(水)16:17:56 ID:???
>>26
>>10
>そういう自由を鑑みずに他人の意見に文句をつけた
>>>6は無礼で無粋だな
根拠は?
31名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:20/06/03(水)16:27:42 ID:???
なんで聖徳太子の話に飛んでるの
明智光秀が実在しないかもしれないなんて言い出した奴がいるからか。
明確な創作の証拠でもない限り、
「実在の証拠が正しいという証拠がない」なんて言い出したら
何も議論できない。
世界は5分以上前に存在した証拠もないのだからな。

聖徳太子非実在説は、厩戸皇子に「聖徳太子」という諡号を付けられたのが後世という話から飛躍しすぎ。
水戸黄門の時代劇が昭和の創作であることを根拠に徳川光圀が実在しないと主張するようなもの。
日本武尊や神功皇后を実在しないことにすることに成功して次は聖徳太子が標的になっているが
さすがに聖徳太子になると、日本書紀の他にも上宮聖徳法王帝説みたいな史書があって、それらが全部創作だとか
日本書紀に引用されている帝紀が民明書房刊だとか言うのは無理がある
32名無しさん@おーぷん[] 投稿日:20/06/03(水)19:05:07 ID:???
信長は不良だし色々恨まれていただろうから
光秀に殺されなくても誰かに殺されただろう
33 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:20/06/03(水)19:14:27 ID:???
>>28
そもそも>>7の言うような外国文献を尊重するのであれば>>8の通り隋書に太子の文字は出ている訳だ
つまり遣隋使が大陸風に太子と当時紹介したものが存在したことになる

聖徳というのも>>11の当時の人が言ったという言葉から来ていると言えるだろう
書紀は片岡遊行に於いてと伝え、万葉集にも出遊竹原井之時となっているが草枕の死人を哀れむ歌が残る

墓から遺体が消えてるのは不思議だが、命令に行き違いがあって用意した墓が行き倒れの為のものだと思ってなければ、最初から入ってなかったと考えれば現実的に理解できる話だ
要するにいい加減な部下が失敗をオベッカで誤魔化しただけということになって、
それをわかってるから服を回収して平然と着てしまった、つまりそういうことにして庇ったのだと言えるだろう
34名無しさん@おーぷん[] 投稿日:20/06/03(水)20:18:44 ID:???
>>32
ちなみにどちらも陛下のご先祖
35 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:20/06/03(水)22:11:46 ID:???
>>31
我思う故に我在り

そもそも実在しない人物だったら子孫が居たらおかしいし
遺体を埋めた所が墓だとするならば信長だってそんなものはないことになる訳だよな
36 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:20/06/04(木)09:20:57 ID:???
>>34
俺の両親の祖先も戦国時代で敵同士
それを考えると先祖の霊はあの世でどうなっているんだろうな


おすすめスレッド

PR

みんなが見ているスレッド

PR

スポンサードリンク