ログ速トップ
1 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:20/10/22(木)23:12:31 ID:sIe [1/1回]
たつの市では、平成28年の「部落差別解消推進法」の施行を受けて、全国の自治体に先駆けて条例を制定し、被差別部落がある11の地区で去年、生活の実態などを調べる調査を行いました。
その結果、地区では、若い人たちが転出する一方、転入者が少ないことなどから、60代以上のみの世帯が42%と市平均の37%より高く、26年前の9%に比べて高齢化が急速に進んでいることが明らかになりました。

また、就労先が10人未満の小さな職場がかなり多く、年間の収入が300万円未満の世帯が77%に上りました。
これは、国の調査では市の平均が37%となっていて、調査では地区内の収入面の不安定さも浮き彫りになったと分析しています。
また人権意識の調査も行われ、「結婚などをめぐって差別が払拭されてない」としています。


10月19日19時41分 NHK NEWS WEB https://www3.nhk.or.jp/lnews/kobe/20201019/2020010297.html
2 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:20/10/23(金)02:47:05 ID:gbS [1/1回]
被差別部落に住み続けて学問も無く貧しい生活を続けていたら
結婚の時に問題になるのも無理はないだろ
3 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:20/10/23(金)10:36:08 ID:kjs [1/1回]
こういうとこが保守的な考え方のダメな部分


おすすめスレッド

PR

みんなが見ているスレッド

PR

スポンサードリンク