ログ速トップ
1 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:20/12/04(金)12:30:18 ID:hmI [1/1回]
 【ワシントン=塩原永久】ナイキやコカ・コーラなどの米大手企業が、中国の新疆ウイグル自治区での強制労働を封じるため米議会が審議中の法案に、反対するロビー活動を展開していると報じられ、波紋が広がっている。
人権問題に熱心な名門企業が、中国での抑圧阻止に後ろ向きだとして、与野党から落胆の声が上がっている。

 米紙ニューヨーク・タイムズは先月29日、9月に下院を通過した「ウイグル強制労働防止法案」について、ナイキやコカ・コーラ、アップルが議員に働きかけ、法律発効時の効果が弱まるように条文を修正しようとしていると伝えた。

(略)

 同自治区の強制労働の実態を調べた米議会機関の3月の報告書は、問題がある工場と取引した疑いがある企業リストを掲載。ナイキやコカ・コーラ、パタゴニアなど服飾大手や飲料・食品大手が入った。

https://www.sankei.com/world/news/201204/wor2012040013-n1.html

!jien
2 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:20/12/04(金)15:50:36 ID:pD.3j.L1 [1/1回]
なんのマッチポンプっすか?
3 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:20/12/04(金)19:57:51 ID:gR.yp.L1 [1/1回]
>ナイキ>アップル

どちらも意識高い系御用達で草
グーグルより邪悪やんけ


おすすめスレッド

PR

みんなが見ているスレッド

PR

スポンサードリンク